51roocguoal

コメント

香山 リカ著   講談社現代新書

精神科医 香山 リカ氏が考える、あるいは恐怖する老後を自分の立場というか、負け犬(酒井 順子さんの言うところの)の 立場から考察した結果が本書です。

孤独死やお墓の問題、両親の死やペットロスの乗り越え、喪主を誰に頼むのか?等香山さんの視点から見た考察が綴られています。
確かにたくさんの問題を抱えしかも解決するのに頼りになるのが自分だけ...。そのうえ自分も老いていく事を考えると確かに怖い。しかも家族があること(やはりココは いる じゃなく ある です)を前提とした社会では厳しい結果が予想されます...。

でもちょっと寂しい考え方に感じました。というか、これが負け犬の現実なのでしょうか?

基本的に死は孤独なもので誰かと自分の死を分かりあう事はありえないと思います、自分は死んでしまっているわけですし。

なんとなく、贅沢な悩みに感じられてしまいました。
人はいつも快適に暮らして行きたいけれど、恐らく老後ってどんな人にとってもそれなりに辛く厳しいものではないか、と。

香山さんはスピリチュアルなモノを否定していたのに、事ペットに関してスピリチュアルを肯定してしまうかの様な発言にびっくりしちゃいました。残念な気もするし、それでもそんな発言をしてしまう程ペットが大事だったのだろうとも思われるし、複雑です。私も猫飼っているので、この問題は結構切実に感じました。猫はモノを言わないのでこちらが感情移入せざるをえないし、そこがまた嬉しくもある非常に矛盾をはらんだ存在だからです。

愛玩でありながらも時として人の存在よりも(もっといえば家族をも)超越する存在。特に猫って不思議です。

香山さんの飼ってたペットの種類が気になりました。

2006年 10月

読者

5dbe0e4b bc3f 440a b73e c5fedd4f340f

香山リカの本

41ehj1abvfl
8b21d536 8a5d 457e ae55 24cd1f5026d4

marz

漱石→三島→小林→聖書

いつの間にか恣意的情報のみをかき集め過ぎていないか?と自問し続ける視野の広さが必要。一方的な、相手に伝わらなくても構わない前提のコミュニケーションほど気持ちよく、また気持ち悪い行為はない。

2か月前

51a0r1qbc3l
47447c07 c188 4a46 a700 79a4bc3d1a55

らいこ

大好物は、ハイ・ファンタジー!ジ…

香山リカさんも一時期いっぱい読んでたなー

9か月前

51xnexyxn6l
7c145985 0223 4cee b39a e5c93c4ff84c

ふうか

本好きです!マンガも大好き!

「風雲児たち」、「赤ちゃんと僕」を特に読みたくなった! 紹介されてるマンガが結構古かったのがちょっと残念だけど、私もこんな風に読みたいと思わせる書評?を書いてみたい。

11か月前