51serf7mqrl

コメント

魂というか、精神というか、そうしたものを非常に重んじていた方。作品を批評する際に、その作者がどんな人間かをジィーーっと見ていた。
そこには時代を飛ばした親近感があります。
読んでて気持ちいいです。

うおー、ってなった。

まさに考えるヒント。著者による批評は一見すると個人的な感想に近いものに見えるが、不思議と引き込まれ、気がつくと手を止め考えにふけってしまう

読者

Ff1cb923 bcef 44f4 8315 7966a8811a55E749421d ae14 439a b62a 1f895b073eab151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc2415b95716f 620f 4cd5 9824 e4394702c8feF323259c f50a 4e7a b901 7ff05ad808cd02d8d34a 4b28 4d8b a98c 2e672a9ac18d2c1bd439 53dd 48d4 8db7 73e6a4501f86C612fc9b fc15 4cb0 809e a499a1573309 11人

小林秀雄の本

ドストエフスキイの生活

ドストエフスキイの生活

Icon user placeholder

オヅケイ

小津景

ドストエフスキーの人物像が気になったので読んでみたら、面白いこと。ロシアの文化の一側面と文豪の波乱に満ちた人生を体験できる。 やや、作者の側面が強いがそれは個人差かと

8日前