56002790

マルクス兄弟、赤塚不二夫、タモリ、たけし、竹中直人、いとうせいこう、松本人志、モンティ・パイソン、大人計画…笑いの「革命児」たちはもちろん、さまざまな表現... 続き

コメント

読者

Akiaivjyeuyp25rambwa

宮沢章夫の本

チェーホフの戦争

チェーホフの戦争

Fdc3df73 6ecc 4500 ae67 df733823d09f

ぐーるど

半世紀、本を読んでる

僕が読んだのはちくま文庫でだ。宮沢は劇作家・演出家。なぜ、それほど人をひきつける魅力があるのか、4つの代表作を劇作家の眼で、演出家の眼で解釈する。チェーホフを読んで、舞台を観て、この本を読む、実に楽しい冒険だ。

6か月前

長くなるのでまたにする。

長くなるのでまたにする。

B28d8472 e447 4a77 ba3d b9897eb56eca

あなご

教育と心理の仕事。1987生

宮沢先生のエッセイが好きだ。エッセイなのかもよくわからないが好きだ。何を書いてるんだこの人は…という混乱に陥るのもまた面白い。

約2年前