51vjocnqvpl

【芸術/絵画】森見登美彦氏による朝日新聞夕刊連載小説『聖なる怠け者の冒険』の挿絵を画集として一冊に。ちょっと不思議な京都の世界をフジモト氏が見事にイラスト... 続き

コメント

僕には、好きなイラストレーター(デザイナー)が何人かいる。

その中の一人がフジモト氏だ。

そのフジモト氏のイラストの世界と共に繰り広げられる、
私的に一二を争う森見ワールド。

単行本と新聞連載時の話は大分違うらしい。連載時のも読んでみたかった。

イラスト1つ1つが素晴らしい。

『四畳半神話大系』が中村佑介氏の画風でアニメ化されたように、
『聖なる怠け者の冒険』もフジモト氏の絵でアニメ化してほしい。Blu-ray購入も厭わない。

惜しむらくは、フジモト氏の描く新しい絵が、もう二度と見ることができないということだ。

読者

209af258 19c9 4161 9352 b2929e25d7569886eb0d 0656 4452 84b3 c8168afdb00cDd941b90 88b9 425c 9cca f8c6c38d532f 3人

フジモトマサルの本

今日はなぞなぞの日

今日はなぞなぞの日

E62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f

さすらいのアリクイ

兵庫の山の中で暮らしています

イラストレーターのフジモトさんがほぼ日刊イトイ新聞のサイト内で発表したなぞなぞが載っている本。フジモトさんのイラストとなぞなぞが楽しめます。「土木作業員の財布の紐がゆるみがちな場所とは」「嫌な目にあわされても怒りを抑え、心静かに中華料理屋で注目するものは?」など、載っているなぞなぞは結構難易度が高い感じ。しかしフジモトさんはまえがきで「答えが頭に浮かぶまで、1日でも2日でもじっくりと考える時間を楽しんでください」と長考をすすめられているので、本の中のなぞなぞひとつひとつを読んで考えてという感じで読み進めるのが良いかもと思う本。

約1年前