41jc%2bwlkmnl

コメント

村上さんが読者の問いに真摯に向き合い、小説を書くことについて熱く、かつコンパクトな言葉で答えてくれている。小説家のみならずどの職業にも必要なことにも思える。読者への深い感謝の気持ちも伝わる一冊。
最後の河合先生の思い出の章は胸がいっぱい。

あれこれ言われてたけど発売日に町の本屋さんに普通に積まれてたのはよかったと思う

小説家としてのスタイルをいかにして築いたか。

トーンが一貫して優しく、落ち着く一冊。

普段読んでいるときに感じること、走っているときに感じることを、村上春樹の経験、物語を通して一体化できる。ひとりじゃない

村上春樹って、そういえば小説家なんだよな
「小説家」っていうより、「村上春樹」の印象が強い気がして…

何言ってんだろう

自分の半生を自然に誇りに思ってる感じ。カッコつけてるわけじゃなく。この歳になってこんな風に振り返れたらいいなぁ

購入
ゆっくり味わいたいので今度の休みまで飾っておく

村上春樹さんの文章は、心地よい音楽を聴いているような、美しい絵画を観ているような、そんな気持ちになる

不思議だ

今まで語られることが少なかった仕事や自作について、真正面から書かれていて戸惑いました。
『風の歌を聴け』は書くべきことがないということからスタートしていること、『多崎つくる』がもともと短編のつもりだったこと等、興味深く読みました。
何かの節目なのでしょうか?次の作品が楽しみです。

!発売されていると思ってたのに、9月発売なのか…待ち遠しい!

染み渡るような文章。シンプルでまっとうな考え。年末の休みにもう一度読む。

エッセイだけど内容が濃くて単行本で買ってよかったと思ってる

村上さんが、自身の仕事について語った一冊。よく作家には、自分の手足を切って作品にする芸術家タイプと周囲ののことを練り上げて作品にする職人型の2パターンがあるが、村上さんはどっちかというと後者に属するんだろうなと思った。作品を作る時は、1日10ページずつ書くシステムを構築するという話なんかにもそれを感じる。一番、印象に残ったのは「自分が何を求めてるか」ではなく「何かを求めていない自分」を表現にするのが大事という話だった。エゴ=表現するってわけじゃないだなと。

小説家になるまえ、小説家になってから、海外でも売れてからのことが書かれていた。

こういう本に出会うために一年間で150冊程度の本を誰に頼まれるでもなくコツコツと読んでいるんだろうと思う。

僕は小説家ではないけれど、村上春樹さんが小説を書くように生きていきたいとは思う。

読者

Ef493691 aa4e 4c7d 918f 51593b45171b28152936 0cef 4431 8f58 9f531d6d7601Icon user placeholder8e139999 5411 4431 9288 2405a03ed261Fb356ba6 9a6c 41fb 8343 c02b8dc864f5095de8f5 82de 46d5 8114 73ff7f72a76fD6630da9 772e 49b5 b568 1d687963fbe05bedf201 55fb 47e0 93dd ec6d122fa067 48人

村上春樹の本

バースデイ・ストーリーズ

バースデイ・ストーリーズ

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

Toru Omae

欧米ミステリを中心に読んでいます…

近年は翻訳家としての仕事のほうが好きな作家がまとめたアンソロジー。これ読んだことあったかな、と思ったので手にとってた誕生日をテーマにした短編集。収録されている作家はラッセル・バンクス、デニス・ジョンソン、ウィリアム・トレヴァー、ダニエル・ライオンズ、リンダ・セクソン、ポール・セロー、デイヴィッド・フォスター・ウォレス、イーサン・ケイニン、アンドレア・リー、レイモンド・カーヴァー、クレア・キーガン、ルイス・ロビンソンに翻訳家自身の作品が一つの全13編。半分くらい知らない読んだことのない作家の作品でこういうアンソロジーって新たな才能を知ることができてよいです。作家というものはひねくれているのか誕生日というテーマで幸福感の溢れたハッピーエンディングな作品は皆無。ダークでそれでいて味わい深い作品ばかりで素晴らしかった。そして最後の作家自身の作品でやっと大昔に読んだことがあることに気がついた(笑)

12日前

C42d6697 e1a1 432b 9292 c6b9c7119ea2Picture4f0ea177 743f 4ed5 8718 2763ce43fdae
ラオスにいったい何があるというんですか? 紀行文集

ラオスにいったい何があるというんですか? 紀行文集

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元

村上春樹がよく言う「ねじを締める」という言い回しがあるけどこの本では、95年に書かれた「チャールズ河畔の小径」だけねじがぎゅっとしまった緊張感のある文体で異質感をとても感じる。それ以外はねじを緩めすぎないで温泉につかったようなゆるさ。「チャールズ河畔」から「漱石からくまモンまで」およそ20年以上の歳月が流れており文章の変化を感じるのも面白い。自分は村上春樹の良い読者ではなく長編小説を理解できることがあまりないけど、「雨天炎天」や「遠い太鼓」など初期の紀行文は何度も読み返すほどで、「チャールズ河畔の小径」のねじの締まった感じ例えば以下の文 「僕らを取り囲んでいた深い圧倒的な緑が、少しづつほのかな黄金色に場所を譲っていく。そしてランニング用のショートパンツの上にスウェットパンツを重ね着するころになると、枯れ葉が吹きゆく風に舞い、どんぐりがアスファルトを打つ『コーン、コーン』という固く乾いた音があたりに響き渡る。そのころにはもう、リスたちが冬ごもりのため食料集めに目の色を変えて走り回っている」p.14 なんてものすごく良い。 「女の子たちは芝生の上にタオルを敷いて、iPodを聴きながら、すごく気前のいいビキニ姿で日光浴をしている」 p.14 初出の95年当時にiPodはないと思うけどあくまで初出ということで加筆する前の文章も読みたいところ。

7か月前

406f1245 066b 423b 87eb 22a797955e976ee099c2 876b 42c6 a86e a50b5b0d369bIcon user placeholder 22