Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
513g5uyaubl

養老孟司さん絶賛! 深刻なのに笑える、感動の闘病記。握った手を開こうとしただけで、おしっこが漏れそうになるのは何故!? 41歳の脳梗塞とその後の「高次脳機... 続き

コメント

その立場になってみないと本当のことはわからない。病気をきっかけに、様々な気づき体験をまとめた一冊。

その他のコメント

脳梗塞で倒れ、一命はとりとめたもののさまざまな機能障害を発症、その後も後遺症に悩まされつつ厳しいリハビリに耐え、現在もライターとして活躍している筆者が描く病前病中病後のリアル。
本書を読んでいると、病気をしたことがまったく取り返しのつかない不幸なことだとは思えない。
むしろ人生は短く、その時々に起こった出来事を「いいこと」「悪いこと」に簡単に仕分けしてしまうのはもったいないことなんだと気づかされる。
闘病記録だと思って本書を読んでいたけれど、そうじゃない。
これは一人の人間が脳梗塞をきっかけに自分の身体について考え、生き方について考えた結果、「脳が変化すれば身体が変化し、そして考え方が変わり、やがて人との関係が変わり、生き方が変わっていく」ということを記録した貴重な本だったのだ。

読者

783444e6 84e8 4a08 94f2 1884cb6815b7E8727533 d28b 4d64 a5f4 724edc2a6f3c9b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d7cf89040 903d 4577 9f5d 18ed1a8c7fa5 4人

鈴木大介の本