513oe3q2jll

目指したいのは、何が起きても受容できる心、強くしなやかな自我。脳の覚醒下手術(意識のある状態での手術)でトップクラスの実績を持ち、自らも日々瞑想する脳外科... 続き

コメント

この本は心と脳を理解しやすい

瞑想と脳科学

右脳と左脳

どちらの立場からもわかりやすい見解

読者

95334630 3abc 43ca 90c3 8007922b1193C41310b7 7eb9 4163 9f68 600d4b0e254124249490 c6b8 4eef a753 5e6fc02be739 3人

人文

仕事も人生も娯楽でいい

仕事も人生も娯楽でいい

Bf7b6cac ec2c 42a1 8c3d e94159cf5c97

nebe

本好き

賛否両論ある。 でも、自信と実績が語る信念には、 説得力があり見習いたい考えもある。 何かと難しい世の中なのに、"仕事も人生も娯楽"と言い切るシンプルな生き方はすごい!

2日前

ナポレオン四代

ナポレオン四代

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

初代はもちろん、あまり知られていない2世、4世についてもかなりのスペースを割いて言及している。 初代が凄すぎたが故に警戒されて、一ドイツ貴族として飼い殺された2世。普通選挙制の施行に伴い、民衆の圧倒的な支持を得て、皇帝にまで登りつめた3世。祖国を追われイギリスの士官として生を終えた4世と、それぞれが数奇な生涯を送る。 フランスでは20世紀、第一次世界大戦あたりまでは、ポナパルド家による帝政の復活を望む一派が居て、それなりに政治勢力を持ち議会で議席も持っていたらしい。 それだけ、初代ナポレオンの威光は凄かったのだろう。世の乱れるところに英雄待望論は生まれる。現在のフランスなら、またナポレオン人気が高まっていたりするのだろうか?

3日前