514dfcmh9 l

神経哲学のトップランナーが豊富な症例研究をもとに提示する、心と脳の謎への新たなアプローチ。うつ・統合失調症・植物状態の患者の脳が明かす、心と意識の秘密とは- 続き

コメント

意識とは何か、心とは何か、それは古来から哲学者が語ってやまないテーマだったが、現在では心と脳はどう関係しているのかという問いになってきている。唯物的な意見もあるし、バークリ流の唯心的な見方もあるが、この本は、それらを、神経科学と哲学を統合する神経哲学という新たな学問で捉えようとする野心的な試みだ。障害や疾病などで正常でない状態の脳の特性やふるまいを手掛かりに脳がいかにして心を生み出しているのかを探る。あまりに新しく、難しくて半分も理解できたか疑わしいところもあるが、これまで脳科学で等閑視されてきた主観性を取り込みながら、自己のアイデンティティを司る部位の発見や世界と脳の「関係」が人格的同一性にもたらす決定的な影響などについては深く納得させられた。もちろんまだ解明されてないことも多く、推論でしかないところもあるから今後の進展をまちたいところ。
とはいえクオリアやいわゆるハードプロブレムも結果として解消(解決ではなく!)させられそうな勢いも感じる。そこは読み間違いがあるかもしれないけど。スタニスラス・ドゥアンヌの『意識と脳』も読み応えがあったが、それと比較して再読する必要がありそう。

読者

A1715068 f216 45a3 bb82 bb7f421b9f6eAd9cce0f 7d05 4a59 961c bf7d1854fee19a4edd1d 778e 48fe 9bb5 8202a6583d810394d359 3fef 483c 8570 6ae519a5118e 4人

科学

51vkxx88qel
84894365 9625 46eb 850f 37b16a577526

Kazuki Kumeta

教育者です。 哲学、心理、教育

一言で言って、アツい。 1600年代、天才フェルマーの遺した、未証明の問題「フェルマーの最終定理」という超難問を巡って、350年の間に世界中の天才数学者達がその命を賭けて解決しようと試みた壮大なドラマ。

5日前

8e44c6d7 cd40 44dc ac36 d9175da0379695ecefc8 1fb3 4784 9b5e 215a9a3ed5dd
51danrgpfkl
58841a62 2ef2 4f57 bcde 5bef0b76f8f5

ひろ

社会人

読みやすさ★☆☆☆☆ 面白さ☆☆☆☆☆ 感動☆☆☆☆☆ ためになる☆☆☆☆☆ また読みたい☆☆☆☆☆ 統計を継続的に勉強しているので、あまり学ぶべきことはなかったかな?!遺伝的な分野だと最初に一度読んだ方がいいが、統計の学び始めの人が対象だと思う。何年か統計に関わると新たな発見は少なく、また読み物としてもイマイチな気がしました。

11日前

51ix%2bucfotl
099dd5e6 a654 4556 a38a 2d8c84738dcd

まる

発芽マニア? 旅と文庫本と熱帯…

人間がいなくなれば自然は回帰すると思ってたけど、そうじゃないんですね。もちろん、私たちがいったいどの時代の自然を思い起こしてるからに寄るんでしょうが。

11日前