514dfcmh9 l

神経哲学のトップランナーが豊富な症例研究をもとに提示する、心と脳の謎への新たなアプローチ。うつ・統合失調症・植物状態の患者の脳が明かす、心と意識の秘密とは- 続き

コメント

意識とは何か、心とは何か、それは古来から哲学者が語ってやまないテーマだったが、現在では心と脳はどう関係しているのかという問いになってきている。唯物的な意見もあるし、バークリ流の唯心的な見方もあるが、この本は、それらを、神経科学と哲学を統合する神経哲学という新たな学問で捉えようとする野心的な試みだ。障害や疾病などで正常でない状態の脳の特性やふるまいを手掛かりに脳がいかにして心を生み出しているのかを探る。あまりに新しく、難しくて半分も理解できたか疑わしいところもあるが、これまで脳科学で等閑視されてきた主観性を取り込みながら、自己のアイデンティティを司る部位の発見や世界と脳の「関係」が人格的同一性にもたらす決定的な影響などについては深く納得させられた。もちろんまだ解明されてないことも多く、推論でしかないところもあるから今後の進展をまちたいところ。
とはいえクオリアやいわゆるハードプロブレムも結果として解消(解決ではなく!)させられそうな勢いも感じる。そこは読み間違いがあるかもしれないけど。スタニスラス・ドゥアンヌの『意識と脳』も読み応えがあったが、それと比較して再読する必要がありそう。

読者

8315f216 1ee8 4368 81b8 48bb7e571b9cA1715068 f216 45a3 bb82 bb7f421b9f6eAd9cce0f 7d05 4a59 961c bf7d1854fee19a4edd1d 778e 48fe 9bb5 8202a6583d810394d359 3fef 483c 8570 6ae519a5118e 5人

科学

サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福

サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福

77d0db05 0cfb 4d3f ae0d a2dd0c2182a4

GTR

よろしくお願いします

2巻構成だけど、この「上」だけでもメチャ面白い!!! 人間の歴史というか、猿と人間の間に関する知識はほとんど無いので、新鮮な驚きの連続だった。 作者の知識量が凄いね!

16日前

Caefb971 c9d4 4597 a9a5 8ca12c290cdb2ee15a92 b663 4fcd af27 bd873c5d1ba61ab45046 3d13 4ca4 8bef fda9ec1da4fb 81
そらみみ植物園

そらみみ植物園

7d9f429e 1f0b 4fe6 b81b b70a0cfa60bf

じゅんた

ひとこと備忘録 ハードカバーが好…

1ページ1植物の構成、どれもこれも見たことがない植物ばかりで改めて世界は広いことを実感。それに加えて西畠さんの解説が面白いし勉強になる 続編も買います

22日前

036c90e7 3a9e 46e4 83af a2cdfb73eb5191d29260 9261 4bdc a622 3827191fed011eace5d8 9cda 48ab 8a74 c379bfe7d341 8