51mssskoqgl

依存症、発達障害、認知症……この世に「完璧な脳」などあり得ない! 二児のパパになった脳研究者と、難病で死にかけた作家が再会。「病んでいるから愛おしい」因果... 続き

コメント

とにかく濃すぎる本。参考文献が8ページにも及ぶ、1ページずつの情報量が半端なく、ためになります。

読者

3918954a 0ea2 4c1a bed3 5136cde20b2bC808760a 9845 40f2 b471 542cc15f16ce687209d1 a652 4449 946e 049464bfe939Fc943c9b 2a7a 429c a219 96814e1bd3855aad0610 8005 4190 b54f 5622c0f4f5be2567779e 1431 4361 bf36 933e256cf3259dd0272b 2b53 4e07 a9bf 895c749456e1 7人

池谷裕二の本

人はなぜ不倫をするのか

人はなぜ不倫をするのか

A80b23ae d6c3 4088 909d e7a4fd93be4f

白鯨

作品を楽しみ、その感想、考察を漏…

題名からは俗な印象しかないだろう。 だが、その内容はただの俗と切って捨てるには 些か以上に興味深く、また奥深い。 様々な分野の専門家達が不倫という行動の原理を 解明しようとする。 ジェンダー学、脳科学、昆虫学、行動遺伝学 性科学、心理学、宗教学。 人間という種族のカテゴリーにこだわらず、 昆虫、類人猿、魚類、ウィルスをも範疇に入れる。 人間以外の生き物に不倫という概念はあるのか。 あったとして、それは人間と同じ様な感覚なのか。 生殖行動が良質の遺伝子を残す為だけの行為なら、 他の生き物同様、人間の不倫という行為もまた、 ただの遺伝子の闘争の産物に過ぎないのか。 不倫という名のゴシップ単語から始まり、 最終的には人間という名の種族の繁栄にまで。 生物の情け容赦無い生き残りをかけた戦いを垣間見る。

14日前

Icon user placeholder0d0734ef 00b7 4660 847c 743c626e3755Icon user placeholder 13
大人のための図鑑 脳と心のしくみ

大人のための図鑑 脳と心のしくみ

19044d62 6fd6 4172 b936 f96acc1a498a

九重篠

腐っている成人済みオタク

脳のしくみ全体について、イラストも多く使って解説していた。 やはり名称など難しいところもあったけど、脳についてはまだまだわからないことも多いんだなぁ。

5か月前

A2e279aa 1ad5 49b1 9267 debe374ab393Ed9b68eb 4cb1 4b66 85e1 fda670c5c469
パパは脳研究者 子どもを育てる脳科学

パパは脳研究者 子どもを育てる脳科学

81ca1b53 736e 43a7 b353 075e2b6342c8

mana

喜怒哀楽の怒がない世界

そんじょそこらの育児本とは格が違う。 『進化しすぎた脳』の著者であり脳科学者の、池谷先生の実体験を書いた育児録。 科学的に、論理的に、 読み手におもしろく、 大きくて豊かなお父さんの愛情を、たっぷりのせて。 勉強になりました。 立派なお母さんへ、道途上。

8か月前

B88ae981 2271 4ae8 a748 089ee930174325edfd0f f9a6 40d8 891b f956daeffca5Ad5a55e5 fdd9 427e 9932 2c9845ccb175 11
脳はなにげに不公平

脳はなにげに不公平

D5457f7c 4637 462f 88e8 e397e32ae453

Takuya Yamamoto

島根県/双子/福祉職→総務課 本…

「へぇ、そうなんだ」と思うと共に、これまでなんとなくそれが当たり前だと思っていたことに対し、「必ずしもそうじゃないんだよ」と優しく教えてくれるような本に感じた。 周りの人や環境を知ることは、自分を知るということに繋がっているのだと思う。

8か月前

549f432e 7704 4aa6 b47c da98b6c76e6522461bf2 dedd 4a1a a3b7 eab34b1bc5f1Icon user placeholder 26