61nmwpgrdil

コメント

腸は第2の脳と言われいるが、著者は腸が喜ぶことをした方がいいと端的に言っている。

理由3つ
1.腸は病原菌を排除する

2.ビタミン類を合成し、腸内で幸せホルモンのセロトニンやドーパミンを作り脳に運ぶ

3.脳は客観的にモノを見ない。腸は頑固に正常になるように平素から働く。

すなわち、腸の健康が心身共に健康な体にしてくれる。その為に重要なのは食事。
どんなものを摂取すると腸が喜ぶ紹介されている。

中沢新一さんのされてる「野生の研究所」っていうのの「野生」って、こういうことなのか、と。

読者

Icon user placeholderEf861b1a a3b8 4ad3 9303 1426eb76443d5884a1dd efc1 455a 9a04 299806a4472b5ee131da 086a 4caf a85d 98dea591fa30 4人

藤田紘一郎の本

「腸にいいこと」だけをやりなさい!

「腸にいいこと」だけをやりなさい!

D664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3c

ハイパラ@ミニマリスト

読みたい本が、いっぱい!σ^_^…

腸の声に従い、生きていく。こじつけのように思えることもなくはないが、腸が重要な臓器であることは確か。「いま、ここ」という、マインドフルネスに通ずるところもあり、現代に生きる上で処方箋のような本とも言えよう。

12日前