5179z8gc7xl

コメント

楽観的な脳「サニーブレイン」と悲観的な脳「レイニーブレイン」の説明からスタートし、その違いを実験や遺伝子型、生活環境、経験など、様々な角度から検証している。
楽観的は脳が素晴らしい、というような単純な話ではない。誰の体にもあって、不思議な臓器。体であり心であり、私自身である臓器。成長し変化しつづける臓器。
脳とは、性格とは、私という存在とは、何か。
学びのきっかけであり、思考のきっかけとなった。

読者

Ecc9c7f3 65a4 449d 977a 76162a9b47945bfb58e1 8480 4bf4 804f cc0603f3ec9a014253d4 6080 4951 9119 24735184a696A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e 4人

エレーヌ・フォックスの本

脳科学は人格を変えられるか?

脳科学は人格を変えられるか?

F3184588 52ef 47fa 896d a8d8cb9ff49e

B&C_masa

仕事して、本読んで、英会話して、…

脳科学は人格を変えられるか?変えられる、というのが結論。大人になっても脳はかなり柔軟に変化できる。 脳科学の本にしてはわかりやすい事例に富んで読みやすい。 ネガティヴな時、ストレスに悩まされる時、気持ちをポジティブにもっていきやすい方法がわかる。お薦めです。

3年前

7c07e33c 1af7 43ef bc1e a8622d8bb77a9ed768a6 3eb3 4ae2 95e3 046a998e66358599800f 23e6 48f1 be65 f0297de547c4