51rh c97yul

悩みで胃が痛い 大事なプレゼンの前にトイレに行きたくなる 腑に落ちない ――誰しもが身に覚えのあるこれらの感覚、ここには、 体内で休まず交されている「見え... 続き

コメント

腸管神経系と脳との相関関係を紐解きながら、食べものの精神への影響に警鐘を鳴らす。
しかしながら、一方的なジャンクフード批判、オーガニック信仰ではなく、あくまで生理的に腸管内でおこる内分泌反応を元にした科学的根拠に沿ったもの。マイクロバイオータという腸管内の土壌と、マイクロバイオームという腸内微生物が腸、脳にどのような作用をするのかを非常にわかりやすく解説している。この本を読むと内受容感覚がどれほど大切かがわかる。現代人(日本人)の中にある遺伝的内受容感覚はきっと今ほど飽食化した社会構造に破綻を来しているに違いない。食べるという行為は欲を満たすものではなく、人間を豊かにする行為だとした方がいい。

読者

4fce670e 6049 4aa0 8bcb 05ec248d276fIcon user placeholder24249490 c6b8 4eef a753 5e6fc02be739D487fe1c d403 4567 8828 809aeb6f986979887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a7C99b66f5 5f1d 4f45 85ab 910981556147A5278930 69fd 4feb 9d79 a23701a07b86298ba57d 66d6 4b71 a1a1 f5b20687adba 8人

暮らし

旅猫アルバム

旅猫アルバム

Icon user placeholder

Chie Mochida

映画の予告でCMを観てだいたいこんな風に流れる話なんだろうなとは予測していた。けど猫好きの人間なのであまり食指の動かなかった有川浩さんの作品を購入。あら、なんか、始めから涙出てる?私って感じで。主人公を取り巻く友達達の心の葛藤や悩みを交えながらの展開。この作者の包み込む優しい文章に引き込まれた。最後は鼻水と嗚咽が止まらなかったが、最後の最後に行き着く所はここなのだって‼︎笑顔が出た。良い作品でした。うちの猫達も私達家族のことをこんな風に観ていてくれるといいな=*^-^*=

4日前