41pp6v0tjkl

コメント

腸内細菌と言えば、この人というくらい世界的にも有数の腸内細菌学者である光岡知足の著書。

この本一冊で、腸内細菌に関する基礎知識が網羅できると言っても過言ではなく、現代のサプリメントや健康食品による腸内細菌信仰がいかに怪しいかがわかる。

腸内細菌は、環境や食餌で決まっていき、そこに体質論、遺伝子などを組み入れながら考えた方が良さそうです。

現代の栄養学は食物の栄養素ばかりフォーカスしていて、体内での化学変化を理解しないと意味がない。

体内での化学変化に腸内細菌は関わり、ビタミンB12などを作り出しているなど、栄養士の情報では考えられないだろう。

読者

Icon user placeholder56ce6ff4 d79e 4985 afcb 9a57d9042487Icon user placeholderIcon user placeholder2fe84170 ef24 44c0 8671 f0c3a76edfce01fa4122 4003 4b87 8107 ab33b870146a24c07d38 8c9f 4442 978a e4b7ffdc9bfb7759613b 4b4b 4668 9bdf 28c7ce12026b 11人

科学

鳥類学者 無謀にも恐竜を語る

鳥類学者 無謀にも恐竜を語る

Fdc3df73 6ecc 4500 ae67 df733823d09f

ぐーるど

半世紀、本を読んでる

鳥類がやがて恐竜になった?本当? 始祖鳥の化石を見ろ?ティラノサウルスにも羽毛のようなものがあった? んー、読む前からワクワクするなー。 抱腹絶倒の知的好奇心って何だ?

9日前

27d1eeb4 f360 43e6 92bd b938b2b04506Icon user placeholderIcon user placeholder 8
鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。

鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。

Fb6e4b2d fd53 4079 9d49 7cbaa0d5dfd8

Koppepantaro

身の丈五尺八寸、中盛無料と戦う日…

新潮45での連載をまとめた作品。 短いエピソードが連なり、そのどれもがクスッと笑える小話のようなもの。興味深く珍しい鳥類の生態が細かく書かれている訳ではなく、この業界を面白おかしくサラリと話してくれる、そんな学術的エッセイ本。 いい意味で軟派なタッチ。堅苦しくない難しいお話が読みたい人向け。もちろん鳥は好きです。

約1か月前

0970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81a9eff2376 715a 48e6 adbf 153adfada9e011729291 2c93 4694 ac86 f49145576c17 29