41pp6v0tjkl

コメント

腸内細菌と言えば、この人というくらい世界的にも有数の腸内細菌学者である光岡知足の著書。

この本一冊で、腸内細菌に関する基礎知識が網羅できると言っても過言ではなく、現代のサプリメントや健康食品による腸内細菌信仰がいかに怪しいかがわかる。

腸内細菌は、環境や食餌で決まっていき、そこに体質論、遺伝子などを組み入れながら考えた方が良さそうです。

現代の栄養学は食物の栄養素ばかりフォーカスしていて、体内での化学変化を理解しないと意味がない。

体内での化学変化に腸内細菌は関わり、ビタミンB12などを作り出しているなど、栄養士の情報では考えられないだろう。

読者

56ce6ff4 d79e 4985 afcb 9a57d9042487Icon user placeholderIcon user placeholder2fe84170 ef24 44c0 8671 f0c3a76edfce01fa4122 4003 4b87 8107 ab33b870146a24c07d38 8c9f 4442 978a e4b7ffdc9bfb7759613b 4b4b 4668 9bdf 28c7ce12026b9af5a9ff e1a6 4f2f bb4a 9751bf1f90b5 10人

科学

10ぱんだ

10ぱんだ

6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c

Pinoco

2015/6末

意外とこども(2歳)にヒットしました。 わかりやすい言葉と、よく撮れたなという写真。 2018.11

7日前

あなたの体は9割が細菌: 微生物の生態系が崩れはじめた

あなたの体は9割が細菌: 微生物の生態系が崩れはじめた

0394d359 3fef 483c 8570 6ae519a5118e

fuku

設計事務所勤務ゴミリーマン/元ク…

人間が何かを食べると、消化器で栄養を吸収する。が、胃が溶かした乳糜の栄養を腸がそのまま吸収するわけではない。吸収を助けるのがウヨウヨいる細菌たち。そうした細菌の働きこそが、人間に栄養を与えているらしい。それどころか、脳の調子と腸の具合には深い関係があることもわかってきたという。むしろ、腸が脳の調子を決めてるほどの関係らしいというんだから相当なもの。 それほどまでに影響の大きい人体の微生物環境に対して我々はいまや大きな曲がり角に来ている。それは抗生物質や除菌を謳う商品たち。人類に大きな恩恵をもたらしたが、その効力がときに有用な菌までを殺してしまうという副作用があるからだ。 そうした微生物環境の変化をどうやって元に戻すか、あるいは活性化していくかはいろいろなやり方があるそうだが、繊維やいわゆるプロバイオティクスの摂取などのほか、健全な人の腸内細菌叢の移植、ようするにウンチの移植が有効なのだそうだ。 原題は10% human。細菌がいなければ我々はそんな程度でしか人間でないということか。ん、そしたらシンギュラリティ後に人格をコンピュータに移植することはできなくなったりするの? デイビッド・モントゴメリーの『土・牛・微生物』では農業における微生物の重要性が説かれていたが、もちろんそこから食物を得る私たちにも重要ってことだ。読書の楽しみはこうした関連を見つけることでもあるよなー。ちなみにネコにとってはどうなんだろ。飼い主としては気になるけど。

12日前

0e16af16 568a 437b 9407 33b7a386f39c6e955198 95b0 486e b10a ed7d7ee69786723bd9f2 aec1 4e77 b275 589055bf3624 22