51paxmxorol

仕事とはなにか。「いい仕事」はどこから生まれるのか。仕事を「自分の仕事」にするためにはなにが必要か。八木保を、柳宗理を、ヨーガン・レールを、パタゴニア社を... 続き

コメント

何度も読みたい本。
理想かもしれないけれど、
こんなもんでいいでしょ?
と作らたものばかりに囲まれて暮らしていたくはないと思い、共感した。

丁寧に作られたものを、ことを、大切にしていきたいと思う。

仕事に結びつけるのは簡単ではないかもしれないが、自分のライフワークとして大切にしたいもののヒントをもらえたよう。
仕事を考える時、何を大切にするか、
人生仕事をしている時間がほとんどなだけに考えさせられる。

その他のコメント

fuzkueで見つけて手元に欲しくなって買った本。

人間は「あなたは大切な存在で、生きている価値がある」というメッセージを、つねに探し求めている生き物だと思う。

前書きにとても納得した。

結果的にそうだったという人がたくさんいるということは、その結果的にそうだったということを手法として理解しないことには、始まらないということなのです

読者

A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e5e202d0e e477 41e5 8418 bbf415032d3848a3e230 1d06 4721 ab61 580bf9afe117000f7f04 309c 4d70 b17e a6dba3d145d86c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c9Icon user placeholder4f9f90e8 ffb2 4acb a00c 3fb81bb7bc5c0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c 44人

西村佳哲の本

一緒に冒険をする

一緒に冒険をする

7574c5cc a6a6 4263 b92b 9152c7b032c5

やどかり

復活

三年前のその時の奈良に「いた」。 8組の話は、辿られてきた道はちゃんとご自身たちの轍が感じられ、生きているを実感する。 ボーナストラックもあるし、記憶を呼び覚ます箇所もあり贅沢な本。 橋本さんの語る、自閉を元にした存在論、苦しみは俺のもんだという価値観にびっくりする話は、しばらく宿題になりそうだ。

10か月前

Icon user placeholder6c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c9Cda577f6 55a7 45af 8c90 2ba5a74e1a27