51dny xgtll

「3年間、自分を捨ててオレの真似だけしてろ! どうしても真似できなかったところが君の個性だから」 アニメプロデューサー・石井朋彦。その真摯な仕事の根底に... 続き

コメント

仕事をするのにたくさんのヒントが書いてある。
厳しいが、そばにちゃんと人を見て的確なアドバイスをくれる上司がいる環境も羨ましく思いながらも、
そういう上司のアドバイスを素直に受け、アドバイスをもらえる仕事ぶりをしたいに違いない石井さんはすごいなと思った。
文章も的確でわかりやすい。
こういう題名の本て、章のタイトルは、答えを知りたい!!て思わせるのに、読むとなんかはぐらかされた感じなものが多い。
でも、できるかできないかは別にして、抽象的ではなく、具体的に、石井さんがどうしたかが書いてある。
すべてメモしておきたくなる本。

慌てずに急げを、再認識しました。

読者

Icon user placeholderIcon user placeholderD664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3c55630e9f 2915 4f22 bb80 1b77f5dd5120C8d9b2a6 91cf 450d b9af fb4fd3ca8fb8Icon user placeholderBd67c8bb b822 409e bc47 ec1411c5852a307eef99 fb35 48c8 911f 426e97a738f9 13人

ビジネス

最強の教養 不確実性超入門

最強の教養 不確実性超入門

7c07e33c 1af7 43ef bc1e a8622d8bb77a

ヒロッキー

読むのは遅いが本は好き❗

非常に面白い。ラプラスの悪魔は理論上も絶対に実現不可能なようだ。シュレイディンガーのネコを考慮すると、素粒子の次の状態は確率に支配されている。 だから、どんなに科学が進歩しても正確な未来予測は不可能らしい。つまり、現実世界では予測より対処の方が重要と言える。 「小さな失敗は許容し、傷口が広がるのを防ぎつつ次のチャンスに備える」と言うのが合理的な結論だと著者はいう。

1日前

最強の思考法 「抽象化する力」の講義

最強の思考法 「抽象化する力」の講義

04ddc4a9 a261 4b42 9b0e 5f0ebbad88ca

Taraco-Sell-たらこせる

nigata-saitama,m…

奇しくも仕事で出かけた慶應義塾生協で見つけた書籍。読む本渋滞で一旦図書館に返すことになったが無事読了。自分はパンキョーの時代のあった大学時代を送り、そしてマル経の、と言われる大学の経済学部を出たわけだが、バブル期を迎えたなかに18世紀の叡智を移植する、というやり方以外のアプローチが存在することを思うと、学びの道は疑うココロなのだなと思う。実はSNSのコミュニケーションはリアルタイムであっても文字でやるコミュニケーションのため、「説得が説得として機能しない」ばかりか、繰り返しのめんどくさいものに見えたりなんだり。自分の中の抽象化力、修辞力を見直す一冊。

3日前

Icon user placeholderE8c3417c 6b82 4689 b9e4 fa0ecab6162eIcon user placeholder