51xxlihktsl

ローマ帝国の衰退を目前にしながらも、病気の体を奮いたたせ、懸命にみずからの運命を戦った皇帝マルクス・アウレリウス。災害や領土侵略の危機にさらされるなど、相... 続き

コメント

このシリーズおすすめ過ぎます。
正直ちょっと取っつきにくい哲学書、純文学、古典たちを、
マンガで軽やかにしかし大真面目に書き下ろす。

「自省録」は、3世紀のローマ帝国全盛期の末に皇帝となったマルクス・アウレリアスによるもの。
ストア哲学が深く根差した、実直で厳格で善き皇帝であろうとする姿がかっこいい。

ローマ帝国の姿も垣間見れて、イタリア旅行行きたくなった。

読者

81ca1b53 736e 43a7 b353 075e2b6342c8

コミック

ジョジョリオン 20

ジョジョリオン 20

929e7f2b fa63 4430 870c c2505ca9f1c7

Nirirom

積み本増加中

過去の作品と比較して敵キャラクターに魅力がなくスタンドもわかりにくい。 この巻でメインの敵となるドクター・ウーもまったく派手さがなく地味な印象で、スタンドでの心理戦も微妙…。

約13時間前

ロマンスの騎士(3)

ロマンスの騎士(3)

95ecefc8 1fb3 4784 9b5e 215a9a3ed5dd

シャルトリュー

漫画とライトノベルしか読んでない…

完結してしまった。結局なにがしたかった漫画なのか解らずじまい。 ライバルと対決したかったのか?フェンシングが好きだったのか?ただの中二病だったのか? 多分、不人気だったので、端折って結末つけて終わらせたかったのが正解のよう。

1日前