51uzgczsd0l

十七歳年下の女性と結婚した助教授。妻が恐るべき運命を告白する…。ベストセラーを目指せと、編集長にたきつけられた作家はどこへ…。完璧なアリバイがあるのに、自... 続き

コメント

本格派ミステリー作家がずらり。豪華な顔ぶれ。収録作品もそれぞれ面白かった!ただ、タイトルはあんまりよろしくないかと。そこまで、どんでん返しでもなかったから。。。貫井さんの短編の吉祥院シリーズ、好きだなぁ。

その他のコメント

私は決してミステリーファンではない。謎の解明にあくせくして途中で唸りながら読み進めるというスタイルよりも、流れに沿って先を読み進めたくなるタイプという意味で。謎が解けなかったという悔しさより、完全なトリックに引っかかる快楽を好むという嗜好ゆえに。映画でも、最後の最後でどんでん返しがあるとお気に入りに入れてしまう。

名うての作家が「どんでん返し」というテーマでしかも自薦した作品を集めたアンソロジー、味わいもバラバラでそこそこは楽しめたのだが……。

法月綸太郎氏の作品の中で、ある登場人物が次のように述べるが、ミステリー作家の方々の苦悩が滲み出ているように感じられた。

「探偵小説なんて、脳軟化症の迎合主義者の読み物だ。くそみたいな演歌と同じで、聞いたことのあるメロディと聞いたことのある歌詞の順列組み合わせで成り立っている。果てしない改訂版、果てしない供給」

読者

2c144179 394e 42df a05f 5d380807297cAd9cce0f 7d05 4a59 961c bf7d1854fee128bebfeb 0345 42a3 bd34 c659b284ef3131363914 d244 4040 9a59 efc9aeda2ae5 4人

綾辻行人の本

奇面館の殺人(下)

奇面館の殺人(下)

28bebfeb 0345 42a3 bd34 c659b284ef31

サイカワモエ

本と本棚好き。

作者が書きたいことを書いた!って感じです。文章が読みやすいので、スラスラ読んで行ったら、途中からアレヨアレヨと結末とネタばらしに。正直、衝撃は少なかったですね。次が最後の館シリーズ。最後の物語を楽しみにしています。

5か月前

7ddded9e 9c38 4e7f 8201 528fa1525b5e3183875e 72a7 4b2c b908 89c68f720986
奇面館の殺人(上)

奇面館の殺人(上)

28bebfeb 0345 42a3 bd34 c659b284ef31

サイカワモエ

本と本棚好き。

館シリーズを読みきるのがもったいなくて、なかなか手をつけてなかったですが、満を持しての奇面館です。上巻はいろいろな条件提示の感じでした。下巻が楽しみです。

5か月前

23b73310 d866 4f56 8674 cd0a6800d5937ddded9e 9c38 4e7f 8201 528fa1525b5e9b6918f0 31d9 4772 b469 00187c1e6633