51s9z0 chml

コメント

人を大切にしたくなる。
紡ぐ言葉を大切にしたくなる。
そんな本。
絵文字や顔文字で簡単に自己を表現するツールはあるけれど、言葉にある意味を大切にして、相手に伝わるように考えて、発すること。
それが日常を大切にすることで、言葉を大切にすることで、つまるところ目の前の大切な人を大切にすることだ。

その他のコメント

先に映画を観ました。
想像を超える辞書作りの苦労や時間、そして愛情。
紙の滑り感なんて今まで気にしたことも無かった。
そして何よりも丁寧な言葉。物語全体を通してとても丁寧に作られていると思いました。
三浦しをんが好きになりました。
辞書も欲しくなります。

「おつかれさま。今日は自宅にいる。何時でもいいので、あせらずにどうぞ。待ってます。」
絵文字はひとつもない。それでも、声が聞こえてくるようだ。あたたかいなにかが伝わってくる。
文字と言葉の不思議だ。

最近は、絵文字や顔文字、スタンプを使うことで感情を伝えやすくなった。
しかし、それらで表してしまうことで、言語化して伝えるということが欠けて行っている気がする。
言葉で表現する大切さを見直してみようと思わせてくれる、そんな素敵な一冊。

読者

Afd5b4aa d213 450a 9c55 d62aec357061E7245062 a26c 4832 b620 d50414471cddA20c6877 009d 4922 a0f4 4304c9f6c7496603f993 76fc 4a32 b727 770c596558d1Ac175e93 27ca 4cda 822b e41d829b5f1e2feacd2a b058 49bd 9d12 9535ea249592Be919737 6a37 4b8d 82fd 881383ff06e675d408dc fcea 4830 8cad 45a406228042 334人

三浦しをんの本

ののはな通信

ののはな通信

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元

物語は山手の女子高に通う二人による昭和59年より平成23年までの手紙のやり取りのみにて進行する。10代の過剰なまでの情熱と40代に入ってからの諦念というべき静かな感情の穏やかさに過ぎた歳月を思う。 「高校生のころ、あなたが学校を休んで連絡がとれなかったとき、私は半狂乱で手紙を送りまくり、家へ電話をかけまくったでしょ?あのときは夢のなかでもあなたの姿を探して涙を流していた。  けれど、いまとなってはもう、風のように吹く時の速さに押し流されるまま、淡々と日常を営み、ある種の諦観とともに、あなたからの連絡をひたすら待っているだけ、私の精神は鈍磨したのだ。中途半端に」P.386 「どこかで自分に愛想を尽かし諦めて折り合っていかなければ中年になるまで生きのびることなんてできないわよね」P.414 日劇もとっくに無くなってしまった。

8か月前

88d17d70 a258 40e6 997d 1b31306c254f22461bf2 dedd 4a1a a3b7 eab34b1bc5f1Dcd670a3 93e1 433c b80e 2fa0748fe728 66