51qtyqbxh l

玄武書房に勤める馬締光也。営業部では変人として持て余されていたが、人とは違う視点で言葉を捉える馬締は、辞書編集部に迎えられる。新しい辞書『大渡海』を編む仲... 続き

コメント

言葉を丁寧に紡いでいく。
読み終わったあと言葉の海に溺れたくなる1冊。

ふと手持ちの辞書を最初から読んでみようかと本気で思う。あとこんな熱い生き方ができたらいいなとも思える、そんな作品。

静かで熱くて美しい。読了後、辞書を開いてみたくなる。言葉の海を渡りたくなる。大好きな作品。
ハードカバーで読むのがおすすめです。

本をつくることに対しての情熱を感じた。

私が本に携わる仕事に就きたいと思ったきっかけの本です。

本とかそれに関わる人の話は、もうとにかく読みたくなる。病気か?

高校生くらいの頃にこの本に出会いたかった。なんて思う。

フィクションなんだろうけれど、非常にリアルな印象。きっと辞書ってのはこうやってできているのだろう。人生かけて何かを作り上げるなんて、毎日楽しくてたまらんのだろうな。最近、自分の中で湧き上がる「今度生まれ変わったら 」熱を更に上昇させられてしまった。

言葉の海への「大渡海」をめぐる辞書編集部の航海日誌。
本の装丁からもう物語が始まっていた。
馬締光也の真面目さに向き合う、真面目な人達の紡ぐ言葉の丁寧さが読んでいて心地良かった。

真面目な馬締さんに、
不真面目なわたしは恋をしてしまう

言葉を言葉で説明する
辞書を創るって、凄まじいな
素敵な職業だな
全然違う仕事なんだけど…
自分の今の仕事をもっと大切に、もっと好きに、もっと丁寧に、もっと真面目に取り組みたいなって思った

何かに夢中な人って、すごく魅力的だから

読み終わった後は、書店で辞書が気になります。

一晩で一気に読んでしまった。ゆっくりと身体に染み渡る、極上の読み心地。既に文庫化しているけれど、ハードカバーで読むのがおすすめ。

「言葉と本気で向き合うようになって、私は少し変わった気がする。岸辺はそう思った。言葉の持つ力。傷つけるためではなく、だれかを守り、だれかに伝え、だれかとつながりあうための言葉に自覚的になってから、自分の心を探り、周囲のひとの気持ちや考えを注意深く汲み取ろうとするようになった」

「記憶とは言葉なのだそうです。香りや味や音をきっかけに、古い記憶が呼び起こされることがありますが、それはすなわち、曖昧なまま眠っていたものを言語化するということです」

「大渡海」という辞書を編むために言葉を信じ愛し、戦ったある辞書編集部員たちの15年を描いた大作。

本書の中でも言葉をとても丁寧に扱っていることが伺え、辞書を片手に読みたくなる本でした。
このようなわりと淡々とした物語を読み切れたのは初めてかも知れず、感慨深い思いであり、大切な一冊になりそうです。

読者

647499f6 4834 460f 8999 6015628f381140837a70 eea5 4d6c 9098 043d11218aed6c691830 1283 4653 871c d81a06afb949Eb3f5462 78b1 41e4 ac7a 3580a0d6c053Eec7ea38 f9fe 4ddb 8464 2751bc55830f2f526087 9792 4478 b63b dc5f9bca29cb69b3c012 e0f8 4b96 b4ff 0b9ab8c917148703bfb0 92ea 4aab 8e09 297fcdc0d885 152人

三浦しをんの本

ののはな通信

ののはな通信

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元

物語は山手の女子高に通う二人による昭和59年より平成23年までの手紙のやり取りのみにて進行する。10代の過剰なまでの情熱と40代に入ってからの諦念というべき静かな感情の穏やかさに過ぎた歳月を思う。 「高校生のころ、あなたが学校を休んで連絡がとれなかったとき、私は半狂乱で手紙を送りまくり、家へ電話をかけまくったでしょ?あのときは夢のなかでもあなたの姿を探して涙を流していた。  けれど、いまとなってはもう、風のように吹く時の速さに押し流されるまま、淡々と日常を営み、ある種の諦観とともに、あなたからの連絡をひたすら待っているだけ、私の精神は鈍磨したのだ。中途半端に」P.386 「どこかで自分に愛想を尽かし諦めて折り合っていかなければ中年になるまで生きのびることなんてできないわよね」P.414 日劇もとっくに無くなってしまった。

約1か月前

E2b8cdc3 67d8 477a 9028 de9fac56ab671d4d32da a507 47ba 8652 42cc57e24c8aA4ee550e 3e8b 4dad a2db a25c62be186f 52
あの家に暮らす四人の女

あの家に暮らす四人の女

D75136a9 b4f4 46d0 8014 ed40eb1e53e3

jun

osakaJAPAN

ゆるやかな女4人の日常を描いていて、何だかこの暮らしに憧れを感じてしまいました。楽しそう。 親族でなくても家族。 同じ空間にいて「いってきます」「おかえり」が当たり前にある家。それって最高! ファンタジー性もあって面白かったです。 私たちはすでにこの世にはいない多くのものに見守られながら生きている。 最後にそう教えてもらいました。どうもありがとう。

4か月前

3bb135fa 3fa6 4bca 860f 1151c8225bdaIcon user placeholderEb3f5462 78b1 41e4 ac7a 3580a0d6c053 39