51qtyqbxh l

玄武書房に勤める馬締光也。営業部では変人として持て余されていたが、人とは違う視点で言葉を捉える馬締は、辞書編集部に迎えられる。新しい辞書『大渡海』を編む仲... 続き

コメント

一晩で一気に読んでしまった。ゆっくりと身体に染み渡る、極上の読み心地。既に文庫化しているけれど、ハードカバーで読むのがおすすめ。

「言葉と本気で向き合うようになって、私は少し変わった気がする。岸辺はそう思った。言葉の持つ力。傷つけるためではなく、だれかを守り、だれかに伝え、だれかとつながりあうための言葉に自覚的になってから、自分の心を探り、周囲のひとの気持ちや考えを注意深く汲み取ろうとするようになった」

「記憶とは言葉なのだそうです。香りや味や音をきっかけに、古い記憶が呼び起こされることがありますが、それはすなわち、曖昧なまま眠っていたものを言語化するということです」

その他のコメント

言葉を丁寧に紡いでいく。
読み終わったあと言葉の海に溺れたくなる1冊。

ふと手持ちの辞書を最初から読んでみようかと本気で思う。あとこんな熱い生き方ができたらいいなとも思える、そんな作品。

読者

763975fe 96d4 4bf4 b507 10749544f460B357c5d4 925d 41dd 87d5 a56b702653992b737a21 ce60 4c95 814e f0da83a6bc75Bd7f804d 269c 4fdb 8949 ea8a16c87175095de8f5 82de 46d5 8114 73ff7f72a76fIcon user placeholderD3310f09 5cd9 4d11 b327 55e3f756cd29A92df626 74c8 4dec b405 323b6d08955f 81人

三浦しをんの本

極め道―爆裂エッセイ

極め道―爆裂エッセイ

0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c

たまに読みます

2018/06/01読了 2000年頃のエッセイだけど、今読んでも面白い。本に出てくる漫画とか小説を読んで見たくなった。そしてまたこのエッセイを読み直して答え合わせしたい。 ボイルドエッグの人たちはみんなこういう文体なのかな?今のボイルドエッグのエッセイ読んでてもこんな感じ。

19日前

天上の飲み物

天上の飲み物

4039f9ab 21e0 46d2 9d46 6d4b2f6d8b25

おかめ麦酒

本とお酒と映画が好きです。

kindleで99円だったので購入。 実にサクっと読めた。 会社から自宅最寄り駅まで(20分弱)で充分読み終わるという短編。でも、電子ってコアユーザーを除けばこのくらい短い書籍が求められているんだろうな。読みやすくて手が出しやすい。 ヴァンパイアが「日本の甲州ワインにハマっている」というのはちょっと笑った。 サクっと読めるけど、心にグサっときたりじんわりしたりも。とりあえずワイン飲みたくなる。それも赤ワインを。よし、飲むか。

5か月前

Icon user placeholderDb368b33 063d 40bc 9c44 092a2c8028ba
舟を編む(上)

舟を編む(上)

32c25c04 6874 44c6 b646 8d917d1c4f66

Yui Hiroi

雑食読み。

上下巻。 本も、コンパクトにでっかい話が収まっていて好きだけど イメージしてた絵で読めるのが嬉しい。 うまいことコミカライズされてて面白かった。

7か月前

〆切本2

〆切本2

C779f4d6 6d86 4cd1 807e 98e65ce8e488

tvdinner78

趣味はドリアン。

まさかの第2弾! 表紙・見返しに掲載されてるパンチラインは健在。

8か月前

5dea9ea7 3b46 460b b509 8ca9f558f7d2Icon user placeholder014253d4 6080 4951 9119 24735184a696 9