41xtiswro7l

あなたが見ているその色は、ほんとうは何色ですか?白、ピンク、赤、オレンジ、黄、緑、青、藍、紫、茶、グレー、黒。それぞれの色の、意外で不思議なサイドストーリ... 続き

コメント

【本文より】
"幸福というものは、白い紙に白いインクで書かれている。"
アンリ・ド・モンテルラン(作家)

色にまつわる、色んな話。
国によって独自の意味を持つ、色。
一方、共通言語にもなる、色。
本当に誰かに話したくなる。

思っていたのと少し違っていました。

翻訳だからか、言葉が素直に心に入ってこない。
理屈ぽいのか、いや理論的で科学的ならばそれはそれで興味深いのだけれど。
多分、言葉の小さな選択の一つ一つが私の感覚にそぐわない違和感なのかな。
ざわざわと…んー、確かにそうなのだけれど、あまり面白くないな…と小さな反発の繰り返しで、さっと斜め読みして閉じてそれっきりとなってしまいました…。

また時間を置いて読んでみたら別の感想が得られるかしら。

日本人の色彩感覚で読んでしまい理解出来ないところも多かった。
逆に言えば、世界には国や環境によって色に対する感覚が数多く有ることと、色についてのストーリーがたくさんあるという事を理解して、フラットな状態で読めると楽しめる書籍だと思う。再読必須。

若干気になったのは、ほとんどがそうではないが翻訳の日本語が不思議というか、読みづらい箇所があり何度か読み直すところがあったこと。まぁ原語で読めない自分に文句は言えないが...

読者

7d9f429e 1f0b 4fe6 b81b b70a0cfa60bf1ffe5bc5 8734 4a50 b571 1fc1d241f3a95c3e5231 a83c 4b6f a267 3800cedfd7269bcf41a6 b65d 46c4 9ccc ea8bf6e8f9723880908b 3c3f 4c07 ab15 4efd38d6c5a8A73e8a20 ae9e 405e 875d edefb8a38a6a71e6b2db 7e99 449e b476 de55f5908e95 7人

アート

土の絵師 伊豆長八の世界

土の絵師 伊豆長八の世界

F766c7b9 58dd 47a5 8305 6464986b58d8

Shun

普段は帰宅後に、休みの日は散歩し…

蔵や寺院の壁面にコテで龍や天女を描いた左官・伊豆長八について書かれた文章をまとめた本。その作品の多くは幕末の火災や関東大震災で既に失われているようなので、編者の村山道宣さんによる〈品川に残る長八の建築装飾〉は、わずか3ページほどながら有り難い品川散歩ガイド。建築家の石山修武さんが設計した長八美術館は、「左官のことは左官に任せるのが条件だ」と引き受けた左官達と石山さんとの激しい合戦の果てに出来たそうです。建築家の膝を恐怖に震わせる左官らの怒りや気概。左官側の生前の談話も載っていて、公平な編集がされています。

約18時間前

新 手帳で楽しむスケッチイラスト

新 手帳で楽しむスケッチイラスト

Icon user placeholder

九重篠

腐っている成人済みオタク

デザイナーやイラストレーターを中心に、活用している手帳のイラストがたくさん見れて、色彩豊かだった。 サイトアドレスの他にも、TwitterやInstagramのIDも載っていたのが良かった。 ほぼ日手帳とトラベラーズノートの使用率が多かった。

1日前

世界の美しい書店

世界の美しい書店

D04e7f91 000f 46dc b634 d5c77f2cef31

ぬっぴー

印刷会社で燻っている29歳

オランダのブックハンデル・セレクシーズ・ドミニカーテン。イギリスのキャッスル書店。アメリカのバーター・ブックス。生きる意欲が沸く。2018.7

8日前