41sdmzldofl

妹は美しかった。そっくりなのに、頬に黒子のある私は醜かった。黒子の有無で区別され、差別されて生きてきたのだが──。(『黒子の刻印』)。12の「色」をテーマ... 続き

コメント

その他のコメント

狂気と憎しみと愛のバランス。極端な感情が美しさと価値を生む。

読者

24a8bcb7 2020 4a2b 8cbb c346bd1b26a36fb3c6f1 44e2 48b2 89fd 0e4ddc1ea1d75aad0610 8005 4190 b54f 5622c0f4f5beEe494f5e 3fb2 4a42 a84d 019463e66a093f40548a fe74 4065 a81a 5b96499b810d57eabb89 2d80 46e0 bff4 461f4232e78777404981 fc50 4a53 a1a2 da9d0bba474684894365 9625 46eb 850f 37b16a577526 8人

山田詠美の本

ぼくは勉強ができない

ぼくは勉強ができない

342ce25e 820f 4ec0 914f ad7185d0e523

_09.63_

寝る間も惜しんで本を読みたい

恋を知らない 愛を知らない 女を知らない 男を知らない人たちに読んでほしい こんなにカッコよく高校時代を過ごしたかった

約2時間前