51kk6dtxe7l

コメント

あらためて私もこのような生き方をしたい。と感じました。
素敵です。

なんてお上品で美しくて知的な方なんでしょう。

読者

3fecc66b 92c0 454a 993f 4870d87722a0A78a9a50 ce7e 456a b6a4 ef9e72e0ce6a6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c37a697ab 135c 48e3 8368 c3dc57e3cd763fffa52e 7fbd 4a53 b0f5 f61afeaf798b94ac9095 b4e0 41e9 9e11 e1618df0b23c40fe8af8 9603 4e8f 99c8 24c5cf652890E7b31124 5efd 4f65 a46f f091cdc3b815 8人

文芸

会社を綴る人

会社を綴る人

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

できない君が唯一誇れる書くということ。『あくまでも自分の中で』と註釈をつけてしまうほど紙屋君(偽名)は気弱だ。 だが彼は、物事の根っこをキチンと抑えられる、強くで優しい人物である。それを、英雄伝ではなく細やかにとても遠慮がちに、人々の心を掴んでいく様子を描いているので、本自体が紙屋君の雰囲気だ。 気弱なブレる事が〈出来ない人〉は、みんなの心の扉を遠慮がちにノックしていきます。 大きな枠の中に居られない人は=役立たずではない。

1日前

5aad0610 8005 4190 b54f 5622c0f4f5beE62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f893c7a03 6ff6 42d8 b81f 2795c753583e 16
豆の上で眠る

豆の上で眠る

007b2062 83bd 431b 8702 9dc14032d264

empty

プロフィール

終盤恐ろしさを感じながら読んでいました。 しかし、何を恐ろしいと感じていたのか、はっきりと言葉にできません。 話の結末か、作者か、悶々と探して、 見つけた言葉は未読者の目に触れるかもしれないコメントに書く事が憚れるものでした。 ネタバレに繋がってしまう…。 逃げ場のない怒りというか哀しみというか何というか… 盗んだバイクで走り出したくなるような読後感でした。

2日前

C679b118 7132 4af8 91da 063ee59d46213d3c14a0 d931 4d0a bf59 8db721e1786d920b0282 2ef3 4ce4 94aa f963c9b6650e 105