51kk6dtxe7l

コメント

あらためて私もこのような生き方をしたい。と感じました。
素敵です。

なんてお上品で美しくて知的な方なんでしょう。

読者

3fecc66b 92c0 454a 993f 4870d87722a0A78a9a50 ce7e 456a b6a4 ef9e72e0ce6a6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c37a697ab 135c 48e3 8368 c3dc57e3cd763fffa52e 7fbd 4a53 b0f5 f61afeaf798b94ac9095 b4e0 41e9 9e11 e1618df0b23c40fe8af8 9603 4e8f 99c8 24c5cf652890E7b31124 5efd 4f65 a46f f091cdc3b815 8人

文芸

海市

海市

558bda5d 65f3 4e16 9911 eb76a7998793

リジチョー。

NPO法人読書普及協会リジチョー…

さすがは福永と云わんばかりの繊細さが、作品冒頭から表されている。 蜃氣楼のように現れた安見子の描写が、兎角これまで読んできた小説のなかで最も好きである。 戀というよりは愛に天秤がやや傾いた小説は、蜃氣楼そのものである海市と相似律に、堕していく。 解なき連立方程式。 されど解ありと読者まで望むのは、愛が思考の限界を越えてゆくことを無意識に欲しているからではあるまいか。 #kodotenco

22分前

おじいさんに聞いた話

おじいさんに聞いた話

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

Toru Omae

欧米ミステリを中心に読んでいます…

動物を主人公にした作品で母国オランダではかなりの人気を誇る作家とのこと。「ハリネズミの願い」という作品が日本でも売れたらしくその関連で翻訳されたらしい。作家自身が祖父から聞いた話をまとめたもの、という形態だが実際には「いかにも祖父が語りそうだった物語」という完全な創作らしい。作家自身にもボルシェビキを嫌って故郷サンクトペテルブルクからオランダに逃れた祖父が実際にいたらしく。ロシアでは何一つまともなことは起こらないという感じのおかしくもどこか物悲しい物語の数々。どんよりした感じが無くて悲しくて辛い話ばかりだけどさらっと読めてしまう。これはいい作品でした。

約2時間前

9c19fa1b 8fc8 4081 9b4c 1548b52facaaIcon user placeholder53faee56 087c 4df2 bf35 2817db8d08e2
冬の物語

冬の物語

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

Toru Omae

欧米ミステリを中心に読んでいます…

小洒落た表紙とタイトルだったので手に取ってみました。最近の作家だと勝手に思っていたのだけどこの短編集は作家の母国デンマークがナチスドイツに占領されている時に書かれたものだとか。デンマークの旧家出身でスェーデンの男爵と結婚してアフリカで農場を経営していたという作者。農場の経営が破綻し男爵とも離婚して帰国したデンマークで最初は男性名で小説を書いてたらしい。今ではアンデルセンと並び称される国民的作家なのだそう。その作家自身が一番気に入っていたという本作、プロイセンの横暴な軍人が登場するものまで収録されていてよくナチスの検閲に引っかからなかったな、という感じ。その作品でも単に敵方の軍人だけが悪く描かれていないところが素晴らしい。第一遍こそよくできた物語、という感じだったけども後半に向かってどんどんシリアスで切ない物語になっていく印象。どれも優れた作品だけど個人的には特に「ペーターとローサ」に感銘を受けた。悲しくも美しいラストがなんとも言えず印象深い。素晴らしい作品だと思いました。

約2時間前

能面殺人事件 新装版 高木彬光コレクション

能面殺人事件 新装版 高木彬光コレクション

F2d341c8 ceaf 4d12 a916 0c561a19ef78

taboke

5678

資産家の当主が、寝室に置かれた安楽椅子で死んでいた。現場は完全な密室状態で、死体には外傷がなかった。傍らには呪いを宿すという鬼女の能面が残され、室内にはジャスミンの香りが妖しく漂っていた。デビュー第一作にして、新趣向に挑み、絶賛された第三回探偵作家クラブ賞受賞作。同時期の短編「第三の解答」「大鴉」を収録。

約11時間前