51ytujmj6fl

悲しみを通じてしか見えてこないものが、この世には存在する。涙は、必ずしも頬を伝うとは限らない。悲しみが極まったとき、涙は涸れることがある。深い悲しみのなか... 続き

コメント

0143
2019/09/19読了
私はまだ大切な人を亡くすなどの深い悲しみは味わったことないけど、そういう時にこの本のような言葉たちがあるといいなと思った。
昔の人たちには和歌が死んだ人にも届くはずだという考え方があったのは初めて知った。
本の中に何度も出てくる、書き手だけではなく読み手も創造的である、というのはなるほどなと思った。読まれることによって作品は完成する。

その他のコメント

日経プロムナードに掲載されたエッセイの書籍。この本はずっと捨てないと思う。これからも何度も読むと思う。
装画はそれぞれ色合いが違う。店頭で選ぶのがおすすめ。

読者

0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7cD3e4c275 4ddb 4e6d 82d6 df5fe724e79e86282199 9512 4e78 9383 9c8045c6c5180cc7542b cbc6 4d51 8f41 e187082e66da6ce246ea 6801 44c3 bc07 1153d7dd256800a20a97 3d99 4e03 bc71 2639f8f8bd10E5025a54 612f 48e1 ba68 8e8327da4aea26ae8bfe 9445 4c9f a901 574e4fb3ccae 14人

若松英輔の本

詩集 燃える水滴

詩集 燃える水滴

396aadaf a05f 4879 9989 61dd9ab82f77

桶田貢

いま、詩の世界にいます

若松英輔の三冊めの詩集。 読むたびにコトバが心の中に染み込んでくる。 そして考えるのではなく感じることに集中できる 詩集。

9か月前

種まく人

種まく人

396aadaf a05f 4879 9989 61dd9ab82f77

桶田貢

いま、詩の世界にいます

かなしみ、悲しみ、哀しみ、愛しみ、 そして、美(かな)しみに昇華する。 志村ふくみ、石牟礼道子、半崎美子にも。

約1年前

幸福論

幸福論

00a20a97 3d99 4e03 bc71 2639f8f8bd10

ほんのむし

2018年68冊目。しあわせが定義できなくてよかった。 / 20180412

1年前

805fc547 4364 4efc bf31 cca6445fe17a014253d4 6080 4951 9119 24735184a69638aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a21
見えない涙

見えない涙

00a20a97 3d99 4e03 bc71 2639f8f8bd10

ほんのむし

2018年48冊目。わたしはまだ泣くことを忘れるほど大人になっていないけど、すごくすごく、心に響く言葉でいっぱいでした。 / 20180317

1年前

E2b8cdc3 67d8 477a 9028 de9fac56ab6726ae8bfe 9445 4c9f a901 574e4fb3ccaeDd548d8f c917 49f3 a410 cb90c178b62a