Btn appstore Btn googleplay
41x0vmrrb0l

ブラック企業、限定正社員、非正規雇用…様々な議論の中で、もみくちゃにされる若者の労働問題。日本型雇用システムの特殊性とは?現在発生している軋みの根本原因は... 続き

コメント

ずっと積まれていたのを今更読了。
就活に悩まされた一個人として、「なるほど!」と思わず唸る良書。

筆者は厚生労働省の役人から労働政策研究の専門家になった人。

労働のあり方を、
欧米は特定の仕事に人を割り当てるジョブ型社会、
日本は特定の人に仕事を割り当てるメンバーシップ型社会
と二つに大別した上で分析。

入社というものがどういうものかを分析。
何故、就活に苦しむのか?
どうしてブラック企業が日本にはびこるのか?
といったことを歴史、判例や研究を元に綺麗に説明。

誰しも就活で思ってしまうであろう、
・何故、新卒採用の時に、大学で学んだことではなく、テニスサークルの副幹事長の話をするのか?
・禅問答に近しい自己分析と就活の関係性
・大学の学びの空虚さ
ここら辺が一挙に胸に落ちた感じがある。

ブラック企業の分析に多少言葉が足りなかったり、
いわゆる一般職をもう少し広げた限定正社員の導入による労働政策の見直しが少し楽観的ではないか?と思う部分もあるが、
概ね頷くことばかり。

就活のテクニック本に疑問符をつける人には、是非読んで欲しい一冊。

読者

C42d6697 e1a1 432b 9292 c6b9c7119ea2

社会

子どもたちの階級闘争――ブロークン・ブリテンの無料託児所から

子どもたちの階級闘争――ブロークン・ブリテンの無料託児所から

Fb6e4b2d fd53 4079 9d49 7cbaa0d5dfd8

Koppepantaro

身の丈五尺八寸、中盛無料と戦う日…

外装から、もう少しアカデミックな内容かと思っていたが、その実中身はざっくばらんなエッセイに近い印象。ブロークン・ブリテンと呼ばれる現代イギリスの、主にアンダークラスの人々と、彼らに関わるイングリッシュ達、そして新たに台頭する移民チームなどなどとの日常をまとめたもの。 筆者曰く、イギリスが抱える階級という檻は、経済危機を経て現政権が強く打ち出す緊縮策によって、もはやソーシャルアパルトヘイトともいえる状態に。 誰よりもクラスに囚われ、誰よりもクラスと闘ってきたゆえの、ヘビー級チャンピオンマッチレベルの階級闘争が、途切れる事なく繰り広げられてきたこれまで。 そして今、慈善施設がフードバンクに変わる英国社会において、その先にもまだ、このマッチは続いていけるのだろうか?と感じた。 「なに」が必要とされているのか、「なぜ」それが必要なのか。あるいはなにが「不要」なのか。日本でもすでに、フードバンクは珍しいものではなくなってきている。この先も、ずっとそうあり続けるのか。ブロークンなジャパンにならない未来を、少しずつ探していきたいと思った。

6日前

22
人口減少社会の未来学

人口減少社会の未来学

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2021/07/14 読了 色々な見方、考え方があってとても面白く読めた。特に小田嶋隆氏の視点はこれまでに読んだことのないもので、興味深い。

23日前

男が痴漢になる理由

男が痴漢になる理由

Af6dfa11 0862 4ad3 9772 78da0cbb4078

マソツキマソ

ミステリー小説は読みだすと止まら…

痴漢は男性優位社会の産物です。この言葉がまさにそうだと思った。社会が痴漢を生み出している。 受講者の証言を見ていると実に身勝手で腹立たしく思う。

約1か月前