41uy50j33cl

理想の女性を追いつづける男の哀しみを描く「冬の夢」。わがままな妻が大人へと成長する「調停人」。親たちの見栄と自尊心が交錯する「子どもパーティ」。アメリカが... 続き

コメント

その他のコメント

フィッツジェラルドの短編集。クールでウィットに富んだ文体。たまに、読み返したくなる。

読者

Icon user placeholder81ca1b53 736e 43a7 b353 075e2b6342c85057a02b e42a 49a2 86b2 f2c209bcccd511c10f8e ce5b 41f8 a001 c52029854ce89c36a6ee 29c5 47ad a257 eb16f0621b23 5人

F.スコット フィッツジェラルドの本

グレート・ギャッツビー

グレート・ギャッツビー

4f0c1db2 02ee 4bf4 b103 14eb1cdcd6f0

めぐ

生身の人間ときちんと向き合えない…

『若者はみな悲しい』を読んだときにも思ったけれど、フィッツジェラルドを理解するにはあと3年はかかりそうだな…。もっと大人にならなきゃ分からないのかな。訳は好き(ジュンパ・ラヒリ『停電の夜に』と同じ訳者の方)。村上春樹訳も読んでみたいので、数年後にまた会いましょう。

約4年前

30121380 741d 45f4 954d 83501dd7d4b7F5947a23 6256 4067 a3ee c849e7dad6e87262626b 2805 4a8b b0cb 7802ea43127d 8