51jx2qnu4gl

発行元から

劣等感とやり場のない怒りを溜め、埠頭の冷凍倉庫で日雇い仕事を続ける北町貫多、19歳。将来への希望もなく、厄介な自意識を抱えて生きる日々を、苦役の従事と見立てた貫多の明日は-。現代文学に私小説が逆襲を遂げた、第144回芥川賞受賞作。後年私小説家となった貫多の、無名作家たる諦観と八方破れの覚悟を描いた「落ちぶれて袖に涙のふりかかる」を併録。

西村賢太の本

暗渠の宿

暗渠の宿

85ec4a4f e167 402d 8adf 3d8cce16dbf6

keikeikeita

自動車業界勤務のひよっこ生産技術…

生々しく、とてつもない現実感を放ってる小説。

3年前

Be3807a6 ec38 42ae b99b 14e7294097de4a802ab9 065a 4d7a 8df6 ad0a4ece460f71791768 adcf 4707 b0c9 fca0fb14ee41