51jx2qnu4gl

劣等感とやり場のない怒りを溜め、埠頭の冷凍倉庫で日雇い仕事を続ける北町貫多、19歳。将来への希望もなく、厄介な自意識を抱えて生きる日々を、苦役の従事と見立... 続き

コメント

その他のコメント

文章にリズム感がありとても読みやすい。暗い内容だが暗さを感じさせないのはすごいなー。中卒でも書ける人は書ける。

読者

Icon user placeholder1458ffc6 aedd 4d9d 9a34 33440b21a92b81cc5180 9be6 43d3 b4dd a8695a40bda4Icon user placeholderDfef7516 1e74 450e be73 a1a3de27c93e5efbc12e e565 4bbf ad47 52662f6c5b5f625b322c 17ce 49c0 aabc e767c856a292642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df74 22人

西村賢太の本

暗渠の宿

暗渠の宿

85ec4a4f e167 402d 8adf 3d8cce16dbf6

keikeikeita

自動車業界勤務のひよっこ生産技術…

生々しく、とてつもない現実感を放ってる小説。

3年前

Be3807a6 ec38 42ae b99b 14e7294097de4a802ab9 065a 4d7a 8df6 ad0a4ece460f71791768 adcf 4707 b0c9 fca0fb14ee41