51wwlnsmbul

コメント

2018/7/8読了
舞台をウィッツリバーからロンドンへ移しての3巻目。前作が微妙だったけど、この話は動きもあって面白かった。エドとハイド氏とランスの関係や、鞠子さんや美柴も出てきたし。1巻目からの美柴の流れがとりあえず決着がついたし。次の巻は過去編らしく、番外編みたいな扱いなのかなー?本編の続きが気になる。

読者

E13c4327 ac62 4f4f b670 f6bf657f08e1

深沢仁の本

英国幻視の少年たち5: ブラッド・オーヴァ・ウォーター

英国幻視の少年たち5: ブラッド・オーヴァ・ウォーター

E13c4327 ac62 4f4f b670 f6bf657f08e1

ひろむ

月に6冊以上、年間75冊読破が今…

2018/8/13読了 次巻がシリーズ完結編なはずなのに、相変わらず展開はゆっくりめ。カイとランスの間のもどかしい絆も少しずつではあるけど着実に育ってきているのは感じました。今まではカイの目を通してランスの性格を難しいなーと思って見てたけど、この話でカイも程度の差こそあれ、大して変わらない不器用さなのではないかという気もしてきた。次巻ではシンシアの身にも変化がありそうだし、グレンと鞠子の件もあるし楽しみ。短編の『メイトランズの夏』も良かった。

約1か月前

英国幻視の少年たち4: ウィール・オブ・フォーチュン

英国幻視の少年たち4: ウィール・オブ・フォーチュン

E13c4327 ac62 4f4f b670 f6bf657f08e1

ひろむ

月に6冊以上、年間75冊読破が今…

2018/8/12読了 シリーズキャラクターの過去編。 鞠子の話、エドワード・ノアとハイド氏の話、グレン・バーンズの話、ランスとエドとハイド氏が一緒に暮らしていた時期のきっかけの事件、そして最後に三巻直後のカイの時間軸に話が戻り、次巻への期待が高まります。 鞠子が最初はそういう目的でイギリスに渡ったとは思わなかったなー。これまではシリーズ主人公のカイの目を通してしか描かれてなかったので、ものすごく孤高な、世の中に怖いものなど何もない特別に強い人という印象だったから。 この巻を読むことでサブキャラクターへの理解と愛着が増したので、過去編だしなーと思って飛ばさずに読んで良かった。

約1か月前

英国幻視の少年たち2: ミッドサマー・イヴ

英国幻視の少年たち2: ミッドサマー・イヴ

E13c4327 ac62 4f4f b670 f6bf657f08e1

ひろむ

月に6冊以上、年間75冊読破が今…

2018/7/4読了 夏至前夜の、妖精の国と人間の世界が繋がる日までのやりとりが長くて、肝心の妖精の国での部分はほぼ駆け足というか、なんというか…。バランスが良くないのか、テンポが良くないのか?キャラクターの掘り下げや今後の伏線のために、この一冊の大部分を費やしてるのだろうけど、シリーズ全部を追う人なら我慢できても、この本単体で読むにはあんまり魅力がないかなー。一作目が面白かったので、何か勿体ない気がする。

3か月前

Icon user placeholder9c19fa1b 8fc8 4081 9b4c 1548b52facaa
英国幻視の少年たち

英国幻視の少年たち

E13c4327 ac62 4f4f b670 f6bf657f08e1

ひろむ

月に6冊以上、年間75冊読破が今…

2018/6/28読了 シリーズの一作目なので、キャラクターや世界観のお披露目的な感じ。全体的に静謐なトーンで描かれているので、いかにもラノベ的な異能力者ものとは一線を画している。繊細で、人の痛みや傷にズカズカ入っていかない(いけない)ふたりの関係性が、これからどうやって絆を深めてゆくのか楽しみ。鞠子さんの過去も気になる。

3か月前

416b6f36 7943 4b8c a077 7acbc57313c09c19fa1b 8fc8 4081 9b4c 1548b52facaa