51xht8ss1fl

資産家の人知れぬ楽しみが、取り返しのつかない悲劇を招く表題作。日本中に大パニックを起こそうとする"怪物"「ジャバウォッキー」。巧妙に偽造された遺書の、アッ... 続き

コメント

ジャバウォッキーいいなあ。かつての犯人が、先生方を頼って止めてくれと連絡してくるという。犯行が起こる前、それを阻止しようという珍しいケース。有栖川先生の疾走。緊迫感が楽しい。表題作解きたかった。カンニングでもしないと解ける気がしないけど。今度作ってみようかなあ。

読者

387f6c2a f53b 47f1 848d faf9e4c5cc4fB605ce13 5449 414b 9e26 419cc8fff1e75c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fd49c0ee70 38c3 41be a15a bcf2aa76a724 4人

有栖川有栖の本

有栖川有栖の密室大図鑑

有栖川有栖の密室大図鑑

Bb45dc8a 9f14 44d7 8234 a9f64ec199d6

みつちや

推理研究会に入会を機に、読書魂に…

2019 4月課題本 国内外のミステリを密室というテーマで紹介。 図解はいいね~分かりやすかった。 紹介されてた本は半分も読めてなかったので、例会までに短編中心に読んだ。 読んだけど忘れてたものもあり、楽しかった。 もう少し読みたいが、やはり私はストーリー中心のミステリが好きで、トリックやロジックに興味がないんだよなぁ…

約1か月前

インド倶楽部の謎

インド倶楽部の謎

A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e

らいこ

ファンタジー好きな、雑食読みの積…

久しぶりの国名シリーズ。 ミステリを推理しながら読めない読者なので、犯人に「え?! なんで?!」となり、火村の謎解きを読みながら「あ、アレってそう繋がるの?!」を楽しんで読みました。 花蓮の存在は、前世も来世も信じていない現世を生きる人代表みたいな語り役で、ピリリと辛い山椒のようでした。はっとさせられるq

3か月前

Cbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d292184639461a2 6c89 4d7a 89a5 f44447e44c3449a553b8 51dd 4dea a6c6 dd456565adce
壁抜け男の謎

壁抜け男の謎

D4f645e4 009c 4f5c 8e85 b59f721be82a

taboke

5678

犯人当て小説から近未来小説、敬愛する作家へのオマージュから本格パズラー、そして官能的な物語まで。目眩くアリス・ワールドのカオス!有栖川有栖の魅力を余すところなく満載した最新傑作作品集。母親のようにはなりたくない。美貌と若さを利用して、すべてを手に入れてやる(『真珠の雫』)。親友の真似をして人生の選択をしてきた。ある日を境にふたりの立場が逆転。その快感が(『ロールモデル』)。過去の失敗は二度と繰り返さない。たとえ自分を偽っても、今度こそ結婚までこぎつけなければ(『教訓』)。など、幸せを求める不器用な女たちを描きだす8編の短篇作品集。第21回柴田錬三郎賞受賞作。

5か月前