Btn appstore Btn googleplay
519jsj5bkpl

茗荷谷の一軒家で絵を描きあぐねる文枝。庭の物置には猫の親子が棲みついた。摩訶不思議な表題作はじめ、染井吉野を造った植木職人の悲話「染井の桜」、世にも稀なる... 続き

コメント

幕末から昭和初期にかけての人々を描いた群像劇。
平凡とも思える名もなき人の中に潜むチクチクと刺さる棘のようなやり切れなさや虚しさを描いた短編集。
切り取られた日常にこれといった結末はない。
それでもどこかの誰かにそっと繋がっていると感じさせてくれる。
切ないけれど心にしみる作品。

読者

C415a8f9 e461 40b8 80e0 f85c0cfd0715A1ea368a 6f4a 4fdc 8709 3c704c0e674e748c3c26 e683 4d7f 8adc f59fc18ef37cA209443d 9caa 4ef1 a492 e750cfcdc656Bd3f1c37 f049 4a4a af4d 35748b1db2b26cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c8c485fdd 47d5 4701 8396 343433d37391556788e1 d8c7 4540 b61c 42609b715305 23人

木内昇の本

よこまち余話

よこまち余話

87d4ebfc 67c9 4829 8877 939d2fda796d

おひさま

活字中毒の書店員

長屋で暮らす人々と、あの世とこの世、いつかしらの時間が混ざり合う不思議な物語。 どこまでが現実でどこからがまやかしなのか、夢なのか、幻なのか、読めば読むほど分からなくなる。 それでも関わりやう人々はみな優しく人間味に溢れていて温かい気持ちになる。 これは一種のファンタジーなのだと思う。

9か月前

535a10d7 7930 4d95 a98f e343ca21a3de22f12ffc cd73 46f4 b484 2de14c5797838faed6e7 d0b6 4eec 8253 f593fa0f3fbd
新選組 幕末の青嵐

新選組 幕末の青嵐

C9fcca22 941a 4e45 ba8f 71d26d6500df

ちょこちゃんぷ

最近人からの影響で江戸時代や幕末…

新選組について何も予備知識なしに読みました。すっかりハマったきっかけの本です。

約1年前

B2f1e469 610b 42a1 80fe 29b7bd539af5B07d5f9b 9d10 4fca 86b0 7d27ef4169471801c354 d708 4943 8669 a30250549550
よこまち余話

よこまち余話

D5350c94 d5ed 415e 9fe4 4cd16056f4e9

Non-tan

大学生のgirlです

図書館で手に取った作品。 あらすじだけ見ると不思議な話なのかな、という印象で借りたけれど読んでみると全然違ったのです。 不思議な印象も受けるのだけど、どこかとっても優しくて、そっとその優しさを教えてくれるお話でした。この町に住んでいる全ての人が優しくて、時や季節に感謝するということが改めて身に染みました。 何気なく手に取ったけれど、出会えてよかったと思える作品にまた出会えたことに感謝しようと強く思いました。

1年前

光炎の人

光炎の人

4a9e78d9 2aad 4ff8 9300 5b0e1ed97b4e

T.Ok

本の紹介文にはその本の中で印象に…

「あの頃自分の内にあった動機のようなものを確かめたくてならなくなった。機械を開発する動機だ。当時見ていた情景は鮮明に思い浮かべることができる。けれど、そのとき自分の内に確かにあったものを、音三郎は取り出すことができなかった。」

3年前