613kwr4fddl

【文学/日本文学小説】本能寺の変を知り自刃を考えた家康に向かい、出入りの商人・茶屋四郎次郎は叫ぶ。信長への饗応費と家康への貸付回収、そして将来手にする利益... 続き

コメント

朝日時代小説大賞受賞作品。
焦りながらページをめくって、家康のお供になったかの如く焦って読んでしまった。「家康の伊賀越え」は、有名な話です。何の説明もなくても大筋は掴めているので、後はただ読み進めるのみ!笑
知らない人は、ちょっと調べてから読んだ方が話に没頭出来るかも。調べなくても理解できます。
策略巡る戦国時代。信長の死は、想像が尽きないです。

読者

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

文学

お引っ越し

お引っ越し

F38c1168 5758 46e2 87e9 cedb5ff8b863

おもち

恒川光太郎さん好き ミステリーと…

イヤミスという言葉に惹かれて購入。 イヤミスではない。ミステリではない! 失敗したホラー小説。 あんまり面白いと感じませんでした。

約8時間前

6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218cIcon user placeholderD90aebb2 cc38 47cf 97b4 cd69dea3f0f5
プロジェクト:シャーロック

プロジェクト:シャーロック

28bebfeb 0345 42a3 bd34 c659b284ef31

サイカワモエ

本と本棚好き。

毎年の楽しみにしている『年刊日本SF傑作選』ですが、今年は『さよならの儀式』以来の面白さでした!上田早夕里や宮内悠介はもちろんのこと、我孫子武丸や松崎友里も良かったー。加藤元浩のマンガも秀逸でした。

約20時間前