613kwr4fddl

【文学/日本文学小説】本能寺の変を知り自刃を考えた家康に向かい、出入りの商人・茶屋四郎次郎は叫ぶ。信長への饗応費と家康への貸付回収、そして将来手にする利益... 続き

コメント

朝日時代小説大賞受賞作品。
焦りながらページをめくって、家康のお供になったかの如く焦って読んでしまった。「家康の伊賀越え」は、有名な話です。何の説明もなくても大筋は掴めているので、後はただ読み進めるのみ!笑
知らない人は、ちょっと調べてから読んだ方が話に没頭出来るかも。調べなくても理解できます。
策略巡る戦国時代。信長の死は、想像が尽きないです。

読者

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

文学

首折り男のための協奏曲

首折り男のための協奏曲

Dd941b90 88b9 425c 9cca f8c6c38d532f

しつちょー。@書店員

かけだし書店員

最後に向かって、 バラバラだったものが収束するような物語ではないけれど、 1つ1つがしっかりおもしろい連作短編集でした。 途中、あまりのストーリーの完成度に脳みそがじんわぁ〜ってなりました。 めっちゃいい映画観たときみたいな。 無理矢理というか、 こじつけというか、 一見そんな風にも見えるんだけど、 全然そう感じさせないのが伊坂さんの文章力。 登場人物たちのセリフの書き方が映像的でいいなぁ。 「時空のねじれって、あると思うか?」

約13時間前

515dcb8d e1c4 473b 8bf8 39a13de6d5492263f4a2 791b 4ffe b8fe 94d359b929a9014253d4 6080 4951 9119 24735184a696 17