613kwr4fddl

【文学/日本文学小説】本能寺の変を知り自刃を考えた家康に向かい、出入りの商人・茶屋四郎次郎は叫ぶ。信長への饗応費と家康への貸付回収、そして将来手にする利益... 続き

コメント

朝日時代小説大賞受賞作品。
焦りながらページをめくって、家康のお供になったかの如く焦って読んでしまった。「家康の伊賀越え」は、有名な話です。何の説明もなくても大筋は掴めているので、後はただ読み進めるのみ!笑
知らない人は、ちょっと調べてから読んだ方が話に没頭出来るかも。調べなくても理解できます。
策略巡る戦国時代。信長の死は、想像が尽きないです。

読者

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

文学

想いの軌跡

想いの軌跡

5965ac89 7374 4416 a719 27e42627144b

土川 正夫

よろしくお願いします。

世界史が好きになったのは、塩野先生の「ローマ人の物語」のおかげです。

1日前

猫のつもりが虎

猫のつもりが虎

0dd31ca7 cb82 4ea8 94ad 0aa0cbeb7bae

絵も素敵だし、話もサクッと。世の中に建築の評論が無いのは、そうよねーと気付かされた。解説が藤森照信さんなのもなんか良かった。

2日前