613kwr4fddl

【文学/日本文学小説】本能寺の変を知り自刃を考えた家康に向かい、出入りの商人・茶屋四郎次郎は叫ぶ。信長への饗応費と家康への貸付回収、そして将来手にする利益... 続き

コメント

朝日時代小説大賞受賞作品。
焦りながらページをめくって、家康のお供になったかの如く焦って読んでしまった。「家康の伊賀越え」は、有名な話です。何の説明もなくても大筋は掴めているので、後はただ読み進めるのみ!笑
知らない人は、ちょっと調べてから読んだ方が話に没頭出来るかも。調べなくても理解できます。
策略巡る戦国時代。信長の死は、想像が尽きないです。

読者

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

文学

王とサーカス

王とサーカス

Bfa203ce cf6b 4708 a116 8282ad3cad0b

悠遊

新しいジャンルを開拓できれば嬉し…

太刀洗が学生から社会人となり、異国の地で自らの仕事の意味と向き合う姿が印象に残った。

1日前

4641b11e 4d6b 4862 935c 0dc1d40f80c4B63b7a21 ea34 4e7e 87ce 03a9e96bb8496bb06d30 3e14 42e6 bed6 45adc97f7d06 11