613kwr4fddl

【文学/日本文学小説】本能寺の変を知り自刃を考えた家康に向かい、出入りの商人・茶屋四郎次郎は叫ぶ。信長への饗応費と家康への貸付回収、そして将来手にする利益... 続き

コメント

朝日時代小説大賞受賞作品。
焦りながらページをめくって、家康のお供になったかの如く焦って読んでしまった。「家康の伊賀越え」は、有名な話です。何の説明もなくても大筋は掴めているので、後はただ読み進めるのみ!笑
知らない人は、ちょっと調べてから読んだ方が話に没頭出来るかも。調べなくても理解できます。
策略巡る戦国時代。信長の死は、想像が尽きないです。

読者

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

文学

人魚の眠る家

人魚の眠る家

72c73e32 8bab 4dc4 92f2 8fbe56ff74a6

大学生① 土日に読み貯めます。

生きているとはどういうことなのか、今の日本の医療の在り方や臓器移植の問題について考えさせられました。 こんな介護の仕方があるのかと驚きました

約10時間前

3e1121ed 700a 416a 811f 0058fc6c88be6540d065 b84a 4ad8 9102 372738f03d5509c068ab 3b99 4ce4 888a ae56f6359bac 16