51zls81atol

コメント

本を読むこと、読書が人生の軸になっている少女が主人公の読書マンガ。主人公は家庭などであまりいい思いをしていないようで読んでいて切なくなるのですが、本の感想を文章、形にしたおかげでピンチを乗り切ったり、思いを伝えなければならない人にその思いを伝えることが叶ったりするという。そして時々出てくる、主人公がかつて万引き行為を行っていた古本屋の店長さんの発する言葉がマンガに緊張感を生んでいる。読書という行為が人生を少し今までと違う方向に導いてくれるかもという可能性。読書に何らかの意思、感情を持つ方にお勧めします。

読者

Cb86a11f 0904 4bd6 9c51 78db67a7e929E62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f72806f96 416c 40fa 844c f9564f6f23268e410532 95ba 41bb 9afd 9b57a614ae7e 4人

玉川重機の本