51ajjbd249l

発行元から

五十三歳の男が親友の妻と恋に落ちた時、彼らの地獄は始まった。詩神と酒神に愛された男・田村隆一。感受性の強いその妻・明子。そして、北村太郎は明子に出会って家庭も職場も捨て、「言葉」を得る-。宿命で結ばれた「荒地派」の詩人たちの軌跡を直木賞作家が描く傑作長篇小説。第三回中央公論文芸賞受賞。

ねじめ正一の本

認知の母にキッスされ

認知の母にキッスされ

A4ff3b7d 885b 4400 bec0 ffbf0a30c58e

naoking

アイコンは、香川のキヨスク的なと…

認知症の母とのやりとりがもう詩です。息子介護文学、おかしなことになっております。

4年前