51b%2bjpzmybl

写真家・荒木経惟の膨大な作品群から、妻「陽子」というテーマに焦点をあて、陽子を被写体とする作品、その存在を色濃く感じさせる多様な作品によって構成される、同... 続き

コメント

「荒木経惟センチメンタルな旅1971-2017」東京都写真美術館公式展覧会カタログ。妻陽子を亡くす過程をつづった「冬の旅」にグッときた。同じバルコニーの同じ風景なのにこうも違うのかと。9月24日まで開催。

読者

Picture

荒木経惟の本

41img6z3v7l
B157b007 4c8d 403f ab76 05595a1fbba1

城田 清弘

webデザイナー兼プログラマー、…

6000円弱と高いけど持つ喜びがあると思う。

約1年前

51y1yzbufll
883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e04093

まこと

二児の父親

ラーメンに関する随筆集。 以前読んだ「ずっしり、あんこ」に比べ、感動的な話もなく、どうでも良いような内容ばかりだけど、楽しく読める。 読んだ後の頭の中は完全にラーメン。早くラーメンを食べたい!

1年前

51x3p3q9wdl
Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元/皆様よろし…

荒木さんが地下鉄に乗り合わせた人々の一瞬のエアポケットを捉えた写真集。地下鉄好きとしては内装の質感や路線図なども楽しい。

1年前

51fostm6tel
6b45e8b2 7b27 41d1 8c60 602d21058150

ちゃんゆい

なんでもかんでも

歳月が愛が胸に迫る、本当に素敵な1冊。水原希子との対談形式での写真解説がまた良い。 ここからわたしはアラーキーファンに。

約2年前