Btn appstore Btn googleplay
51gkrf0bpcl

コメント

雪腐病菌をこよなく愛する研究者である筆者が、北は北極圏から南は南極大陸まで、菌を探して這いずりまわった探検記。

雪腐はせっぷとは読まない。ゆきぐされと読む。積った雪の下で植物に取り付いて、栄養を吸い取り、植物を枯らしてしまう菌である。

そういった菌の生態も解説しているけど、シベリアとか北欧とか南極大陸とかで強烈な体験が面白い。なかなか、味のあるイラストもいい。

文章も読みやすく分かりやすく、サラッと読めました。

読者

56f1a9cc 4b48 48f7 b4f8 73ef04ab4755De50eb23 bdf9 468d 9bfa dacbe1a5904817d8a33a d031 4cfd b471 4f74fb4a3af9 3人

科学

世界屠畜紀行

世界屠畜紀行

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

Toru Omae

欧米ミステリを中心に読んでいます…

自分で豚を育てそれをつぶして食べる、というノンフィクションが面白かった作者の打表作、なのかな。動物が食品になるまで、のルポタージュ。芝浦だけではなく、韓国、エジプト、チェコ、インド、沖縄、モンゴル、アメリカと屠畜場を巡り豚、羊、山羊、犬、牛、がどのように殺されて食品に加工されるか、を紹介した作品。世界を巡っているのは意味があって日本のように屠畜(屠殺ではなく屠畜、というところにも拘りがある)に関わる人が差別の対象になっているのか、を調べようというもの。その意味では日本では品川だけではなく沖縄と、皮革の加工に関わる地域も取材している。前者の屠畜場のルポタージュという意味では成功していて加工の過程がイラストも交えて丹念に紹介されており非常に興味深い。一方で後者の目的に関しては残念ながら全く達成できていない、という印象。作者自身が屠畜を見ても全く怯まないというかむしろ面白がる珍しいタイプということもあり、日本において何故、屠畜や皮革に関わる者が差別されたのかに関しては掘り下げが全くなされておらず、動物がかわいそうという意識があってそれが仏教の不殺生戒に結びついて差別に至った、という整理で終わっているのは少し残念だった。不殺生戒が差別の源泉であれば漁師や板前も差別されていたはず。その辺の掘り下げがあったらもっと良い作品になったのでは、と思った。尤も極めて興味深い作品なのは事実で、肉類を食べる意識が少し変わったかもしれない。

約11時間前

D3e4c275 4ddb 4e6d 82d6 df5fe724e79e8f80e5cc f258 4902 a28b 6b47f676166bBcd9e566 3d4e 4e46 b67b faad248c03e2
弱者の戦略

弱者の戦略

Image normal

Fuji nao

エンジニア

唯一生き残るのは変化できる者である。 「避ける」「ずらす」も戦略。自分だけのニッチを見つけ、そこでナンバー1になる。

15日前

5ed9d885 1800 4df1 bd38 72be7f43f53b32b54f2d 1237 43d5 9278 071f587a8bd4Icon user placeholder 12
すごい実験 ― 高校生にもわかる素粒子物理の最前線

すごい実験 ― 高校生にもわかる素粒子物理の最前線

F08b30b2 2a02 45ec 9a46 9d8e834c0d28

hikumahika

Kindle Unlimitedにて読了。 恥ずかしながらこの本で初めて多田先生の存在を知った。なんとも印象的なビジュアルから高校生向けに素粒子物理学を絶妙なたとえを用いてとてもわかりやすく解説してくれる。ニュートリノ、クォーク、スーパーカミオカンデ、ビッグバンなど科学関連の報道で耳にしたもののまったく理解でき…いや、理解しようとも思わなかったことに対して今はむしろ積極的な関心を持つようになった。高エネルギー加速器研究機構、いつか見学に行きたい。

16日前

ときめく化石図鑑

ときめく化石図鑑

F08b30b2 2a02 45ec 9a46 9d8e834c0d28

hikumahika

Kindle Unlimitedにて読了。 保存状態が良く美しい化石の写真の数々が素晴らしく、芸術的でもある。わかりやすい説明やミネラルショー、お店、関連本などの紹介もあり、化石の虜になりそうな一冊。

22日前

Efb9da6d 1863 4c85 bc16 dd8a6037ebc8Icon user placeholder4714e3c6 f8f1 42a0 86bf 6363689cd0b2 15