51gd9n0dsql

コメント

今一番気に入ってる時代物のシリーズ。火消って本当にいいところに目をつけたな、とつくずく思う。主人公は大名家の火消し〜大名と旗本と町民の大雑把に三種の火消しがいた…さらに守備範囲とかでいろいろ分かれていたみたいで〜だけど火消しであれば身分の違いもある程度超越できるし大名家の火消しであれば幕府の動きにもある程度関与できたりする。本作ではこれも本当にあったのか分からないけども火消番付がテーマ。小藩でも番付が高い火消しを抱えている家は知名度も上がり、産物を売る時も有利だし取り潰しされ難い、ということで番付を上げなければ経費を減らす、と申し渡されたある藩の火消しと、火災の孤児を育てて、地元で菩薩と崇められている火消しの二人が登場する。番付を上げる目的で自作自演の火事を起こしている火消しがいるのでは無いか、ということに気がついた瓦版の筆者が行方不明になって、という話。謎解きや火災シーンの迫力、火消し同士の連帯などなど、本作も凄く面白かった。次作がすぐにでも読みたい。

2018/09/26 読了

菩薩VS菩薩
完全にミスリードされました。
「火消しはみんな親不孝者なのさ」相変わらず源吾はカッコいい。菩薩内記には負けないが、菩薩深雪には赤子も同然。
映画化しないのかなぁ。

ぼろ鳶シリーズ第五弾。
江戸に戻ってきた火喰鳥源吾は、個性溢れる仲間と共に「ぼろ鳶組」として火と闘います。
火消番付と絡ませながら、隠れた悪がジワリと滲み出てくる感じがゾクゾクしました。ミステリーとしてもしっかりしていると思います。
粋でいなせな火消達の危険な男の世界がカッコよく見えます。しかし、妻深雪との何気ない会話が微笑ましく描かれており、普通って大切にしないといけないと感じさせられます。

読者

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c721ff227 6404 486e a136 194741a375b41525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4 3人

今村翔吾の本

玉麒麟 羽州ぼろ鳶組

玉麒麟 羽州ぼろ鳶組

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2019/04/12 読了 〜剣とロマンの香り〜 いきなり新之助が豪商一家惨殺及び火付けの下手人として手配される。その逃避行を助ける火消しの面々。そして謎を解明する平蔵。 何より新之助と琴音の行く末が気になる。

約1か月前

22461bf2 dedd 4a1a a3b7 eab34b1bc5f179887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a71525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4
てらこや青義堂 師匠、走る

てらこや青義堂 師匠、走る

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

元隠密の寺子屋の師匠と、食わせ者ばかりの子供達が精一杯頑張る話です。しかし、それが本当に本格的でびっくりです。これからどんな事件に巻き込まれていくのでしょうか。楽しみです。

約2か月前

狐花火 羽州ぼろ鳶組

狐花火 羽州ぼろ鳶組

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2018/12 読了 早くも7巻目。 過去のシーンを織り交ぜながら、今の日付の謎に迫る。秀助の亡霊? との戦い。江戸の火消し連合軍の活躍! しっかりと伏線も回収。これは、シリーズの中でもお気に入りの1巻になるかも。

4か月前