9784534056917

コメント

実はこの考えが最も日本人的にしっくりくるのかも。アメリカが長年の間旗を振り続けた超効率主義、個人主義のいわば対極にあるようなビジネスの考え。
でありながら、世界のビジネスで成功を収めているの割合は華僑とユダヤ人に多い。
日本人も結局のところ完全な個人主義になりきれないのであれば「人脈主義」ともいえるやり方にたちかえってみるのもひとつなのかも。

ただし、日本人の考え方よりかなりアグレッシブなので、うまく日本流にローカライズする必要がありそう。若干小タイトルと結論が噛み合ってないところがあったような気がします。

人生の満足度は その瞬間瞬間を切り取った時の位置にあるにではなく、人生全体を一つの大きなポートフォリオとして捉えた時、どんなものを描くことができたのか ということなのかもしれない。

読者

A16e8b18 30ee 4523 be4b 5a89d81ec21f774e46cf 8ca0 4737 8faa 1bc2305b2958

大城太の本

失敗のしようがない 華僑の起業ノート

失敗のしようがない 華僑の起業ノート

D695aa62 24d5 4552 ba08 f4e8ba6bef75

バビルサ大臣

自分の死を見つめる動物

税金の本と一緒に買った本。 欧米の考え方より華僑の方が文化が近いから受け入れやすい、らしい。読んだだけじゃあよく分からん。 「人に使ってもらう」自分を使って得をしてもらう。使ってもらえないのはレベルが低い証拠。 嫌な人と付き合わないといけないこともあるが、我慢するのは最低。逃げれるなら逃げた方がいい。逃げれない場合は、1日も早く相手を超えること。自分の方が上に立てばなんとでもできる。 目的と手段は下位概念で可変。「手段の目的化」は別に問題ではない。理念と目標がはっきりしていればいい。 「場所軸」+「時間軸」に合わせる。チャンスのあるところに自ら動く。 特長ではなくメリットを伝える。客は特長には興味無い。

4年前