Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
31mbv5aqpkl

梨果と八年一緒だった健吾が家を出た。それと入れかわるように押しかけてきた健吾の新しい恋人・華子と暮らすはめになった梨果は、彼女の不思議な魅力に取りつかれて... 続き

コメント

人の生活のねじを少しずつ狂わせていくほどの魅力を持った華子のような友人がいたことを思い出しながら読み終え、やっぱりそういう人は死んでしまうんだなあって思って耳ん中ツンとくるほどの痛み。華子の葬式のあとに、華子も来てれば楽しかったのに、って言う主人公の気持ち、もういないってわかっててもコレを話したらなんていうかなって笑ってしまう感覚。そしてそのあと襲いくるたまらないほどの寂しさ。残された人間は、どうやって生き続ければいいんだろう。落ちていく夕日を眺めて赤く染まる世界に身を委ねるしかないのか。やがて闇が優しく包み込んでくれるまで。

『華子のいない生活は、華子のいる生活にとても似ていた。』
魅力ってなんだろうか、と考える。

人の心に入り、掻き乱しては消えていく華子。でも憎めない華子。
皆が誰にもとらわれない、自然体の彼女に惹かれるのだと思います。悪役がこんなに魅力的な小説は初めてです。

愛と執着の違いってなんだろう?
人を愛するってどういうことだろう?
何が正しくて、何が間違っているのだろう?
そんなことを考えながらもう何度もリピートして読んでる

青春っていいな、って思ってしまう。変なことを真面目に考えてたりするものだって。微笑ましくもなんだか不思議な読後感の良い本。

小学生の頃に読んでから忘れられない一冊。はじまりの文章から引き込まれては、その世界にぐっと停滞してしまう。ゆがんでいるような関係に見えてもどの登場人物も憎めない。健吾にシャンプーをしてもらっていたことを思い出して「かっこわるい。かっこわるい」となる シーンをなんども思い出す。

人を愛するとは、と何度読んでも自分に問い直すことができる。何度も読み返してる数少ない一冊。

江國香織さんらしい、ちょっとした生(性)と死の物語。ほんの少し胸を締め付けるこの感じが抜群に上手い。これは恋なのか、愛なのか。

読み始めた時は主人公側だったのに、いつのまにか華子に惹かれていってしまう感覚。きっと主人公や他の登場人物と同じなんだと思いました。
読み終わってもまだ分からないことが多いけれど、感情的な事だからこのままでいいのかなと。
いつか読み返したら分かるような気がします。

ゆっくりゆっくり確実に人の気持ちは動いていくもの

梨果や健吾や勝矢さんのように、私も華子に魅了されたうちの1人でした。華子は魅惑的で自然だけど不思議な怖さがあって子供っぽくていつも誰かから逃げ回っている、そんな女性。
〝15ヶ月かけてゆっくりと失恋″するだなんて自分なら耐えられない。。

主人公が魅力的。ヘチマコロンや、きゅうりのサンドイッチ。。。出てくるものもいちいちお洒落だなぁって。私の本好きの友達が一番好きな本。

古内東子を好きだったので、この物語での扱いにはしょんぼりした(笑)
華子の存在の解釈は、今と昔じゃ全く違うだろうから読み直したい。

評価:★★★★☆

華子は、
不思議な女性だけど
こういう人すごく好き

口数が少なくて
しかも一つ一つの言葉が
すごく深い

梨沙が
少しずつ華子に似てくるさまが
またおもしろかった。

読んでいるうちに、気付けば登場人物と同じように華子を好きになって目が離せなくなっていきました。

どこか不安定な登場人物たちを一歩離れた場所から俯瞰して、付かず離れず見守っている、そんなストーリーでした。15ヵ月かけて失恋する主人公は、華子という魅惑的な女性と時を過ごすのですが、誰からも執着される華子が、私には誰よりも孤独に思えます。彼女が唯一心を許したのは、決して許されない相手だったのでしょう。彼女が逃げていたのは、生きることからだったのでしょうか。
結局みんな、一人では生きていけない。相互に依存しあって、執着を愛だと錯覚する。気付かないふりをしながら、緩やかに堕ちていく。

『子供が言うような言い方だった。私は胸が一杯になる。1ミリグラムの誤差もなく、言葉が正しい重量をもっていた。こんなに正しい重さの「おかえりなさい」をきいたのは、ひさしぶりのことだった。』

読者

68d8fac3 b51a 400d a18a 09238ebdeedb1ff469e5 e07e 4a1e 93b1 ff88382adc5fIcon user placeholderIcon user placeholder4daeef9d 483a 4baf be73 c9876e4019b0De457993 8683 4724 ae04 5b8645cc19b01c1f42f2 fb5d 4e20 ab79 aaf83278e739F7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cac 60人

江國香織の本

とるにたらないものもの

とるにたらないものもの

65dc9d8a d779 4fc6 bfe0 b373bf0c937e

江國香織さんが好きです

とるにたらないもの、を江國さんの言葉でとるにたるもの、にする不思議な力があったと思います。 自分にとってそれらのものはどうだったかな、と思わせられましたし、考えたりしたこともないようなものに対して考えたりしました。 とるにたらないようなものでも、生活の一部で、おもしろいなぁと思いました。

約1か月前

5e646217 79f2 4fe9 8943 510a6eabf4f62b0f55be 9aeb 4c07 b382 4b5f01630870
温かなお皿

温かなお皿

0458305c 50e0 4c9f bb10 e9acea3f3ad9

hito.N

短編集。南ヶ原団地A号棟が好きだった。読んだ後に、目次を見ていても、これも良かったしこれも良かったかな。と、思う。全て情景が温かい。

約1か月前

すいかの匂い

すいかの匂い

65dc9d8a d779 4fc6 bfe0 b373bf0c937e

江國香織さんが好きです

どの話もとにかく不思議で、でも、懐かしくなる。小学校の裏庭や焼却炉、病院の三和土、独特の匂い、など、夏の暑い日々の、私たちが小さかった頃の、世界の見え方。それを、そのまま思い出させてくれるような書き方で読者の気持ちをふわりと過去へ戻してくれる。不思議なお話たちでした。さらさらと読めます。 いろいろなことを思い出させてくれますが、不思議と嫌な気持ちにはなりませんでした。文章が落ち着いているからかな。。

約1か月前

ヤモリ、カエル、シジミチョウ

ヤモリ、カエル、シジミチョウ

E28b3c51 cef9 46ea b7db 1095e8687c52

e

ほんのむし

半分くらいファンタジーを読んでる気持ちでいたけど、もしかしたらわたしにも、こういう幼少期があったのかなあ。きょうだいなんだから、言葉を使わなくても気持ちはわかる、なんてこころから思ってる年頃があったのかもしれない。

2か月前

9ce2e64e 6f31 4d75 b26f 84574d0ac6c353e40bc2 f249 43d8 88dd 0d4b900b2a8aIcon user placeholder 9