Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
41sfdgs0kdl

「何でもやってやろう屋」を自称する元私立探偵・成瀬将虎は、同じフィットネスクラブに通う愛子から悪質な霊感商法の調査を依頼された。そんな折、自殺を図ろうとし... 続き

コメント

知らず知らずのうちに持っている固定概念を見事に打ち砕かれました!
人の一生は短いといいますが、思ったよりもずっと長い。悠然と佇む桜の木に喩えられたラストシーンがとても心に響きます。数十年後にもう一度読み返して、葉桜を仰ぎたいと思う1冊でした。

その他のコメント

いろんな時代、登場人物が出てきて、少し混乱しつつも、そのバラバラのピースが段々と埋まってきて、でも最後は、最初に描いていた絵とは全く違うものになっていた。あれれ?!?!

「中居くんが絶賛した」というただそれだけで読みましたが、また読み返したくなる1冊。

SMAPの中居氏も絶賛の叙述トリック物。
装丁も美しい。
「えっ、そうだったの?!」と思い、どっかに凡ミスが無いか2度読みしました。
案の定、ありそうで無いんですが。。笑
結構な長編ながら、文体も読みやすく思わず徹夜してしまう勢いのある1冊。

読者

0458305c 50e0 4c9f bb10 e9acea3f3ad9Icon user placeholder50702c8b 7efc 4870 940b ebf85778d7f1458c1e90 0f5f 47a6 9e44 bbce7cd6600b939dc83d feca 4320 8a1a 6f1402776fa8E32ffd1f 83f0 4591 bdfc 75c1e5480fe7648cbff4 c642 4e0c 959e 1ea1f6aba07b7d9f429e 1f0b 4fe6 b81b b70a0cfa60bf 123人

歌野晶午の本

51le7q5rtel

Dの殺人事件、まことに恐ろしきは 歌野晶午

9b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d

もちもち

食べ過ぎ、飲み過ぎ、読み過ぎ注意…

江戸川乱歩の作品を題材に、作者がさまざまな趣向を凝らした短編小説集。 いずれも謎ときとホラー要素がほどよく混じり一気読み。 なるほど乱歩の物語と最新テクノロジーはこんなに相性がいいのか。 「十分に発達した科学技術は、魔法と見分けがつかない。」という言葉を思い出した。

8か月前

7ddded9e 9c38 4e7f 8201 528fa1525b5e4a0937ba f0b0 4faa 9f42 b5e9d7cafedd
41v33jh7dsl

葉桜の季節に君を想うということ 歌野晶午

883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e04093

まこと

二児の父親

元探偵の成瀬将虎が、悪徳商法で高齢者を食い物にする蓬莱倶楽部の内偵を依頼される。彼の過去や周辺の人物にもスポットを当てながら真相に迫っていく、という話。 物語の後半で、登場人物達のイメージがひっくり返るのは衝撃的だった。ちょっと長いけど、楽しく読めるのであっという間に読み終わった。最後に全てが繋がるのが爽快。

10か月前

4a8d56c5 cca2 46f8 b3f7 6fdb548080efFcb59cf8 724e 4d01 b78d 3294e4e332b89cf4731a ecbd 4715 a17e c918ad7b62f5 8