41sfdgs0kdl

「何でもやってやろう屋」を自称する元私立探偵・成瀬将虎は、同じフィットネスクラブに通う愛子から悪質な霊感商法の調査を依頼された。そんな折、自殺を図ろうとし... 続き

コメント

まんまと騙されました。どんでん返しというほどの驚きは私は感じなかったけれど、自分自身の思い込みや固定観念に気づかされ、もしかして日常でもこういうズレがあるのかもしれない…と考えさせられました。

その他のコメント

いろんな時代、登場人物が出てきて、少し混乱しつつも、そのバラバラのピースが段々と埋まってきて、でも最後は、最初に描いていた絵とは全く違うものになっていた。あれれ?!?!

「中居くんが絶賛した」というただそれだけで読みましたが、また読み返したくなる1冊。

SMAPの中居氏も絶賛の叙述トリック物。
装丁も美しい。
「えっ、そうだったの?!」と思い、どっかに凡ミスが無いか2度読みしました。
案の定、ありそうで無いんですが。。笑
結構な長編ながら、文体も読みやすく思わず徹夜してしまう勢いのある1冊。

読者

71abaace c584 498d 84e5 e132c188cdecIcon user placeholder9e6d8f5b 9958 4d67 a4fe bd9d5b75945305e7d16f a937 4cb4 b53b c35cba24dc71Icon user placeholder2a2522bd 6997 4a45 8128 0d34f37f8afbE749421d ae14 439a b62a 1f895b073eab33d1a7c3 2893 4250 97a7 7eccb3786902 205人

歌野晶午の本

白い家の殺人

白い家の殺人

D4f645e4 009c 4f5c 8e85 b59f721be82a

taboke

5678

冬の八ケ岳山麓の別荘で、深夜、可憐な女子高校生の死体が発見される。現場は密室状態で、不可能犯罪に見える。そこへ、青年探偵・信濃譲二が登場して調査を開始すると、それをあざ笑うかのように、またもや惨劇が。しかし、われらが探偵の名推理が冴えてー。新本格派、渾身の長編推理第二弾。

2か月前

動く家の殺人

動く家の殺人

D4f645e4 009c 4f5c 8e85 b59f721be82a

taboke

5678

名探偵・信濃譲二は、とある小劇団にマネージャーとして参加し、万能ぶりを発揮し始める。だが、特別公演「神様はアーティストがお好き」の初日、惨劇の幕が切って落とされた。次第に疑心暗鬼になっていく団員達。六年前の稽古中の死亡事故と関係が?信濃が命をかけて謎解きに挑む、傑作本格推理第三弾。

2か月前

家守

家守

3c58a9a2 b3d1 433a a11b ea0da0b53f50

でこい。

OBK(お化け)物が好き。

5話の短編、同じ作家の作品とは思えないほどそてぞれに印象が違う。ジワジワくる感じが良い!

3か月前

E749421d ae14 439a b62a 1f895b073eab66b38508 5a46 4f97 a0fb 87ff00c4b34a0d4f8c60 157b 40c8 9bae b3d8b7ea1e4b 8