418vb49c5ml

人間の力をもってしても変えられぬ宿命など、あってたまるものか-紫禁城に渦巻く権力への野望、憂国の熱き想いはついに臨界点を超えた。天下を覆さんとする策謀が、... 続き

コメント

その他のコメント

万感のフィナーレ。

西太后も含めて、それぞれのキャラクターが人間臭さが出ていた。

最後に毛沢東が出てきたのはご愛嬌。笑

中国歴史ものの面白さは、日本の歴史ものにはないダイナミックさがあることだ。中華は広い。

読者

66a93fcb fedf 403a bb2d 31a5b5d5e9a94ac592c1 c442 4773 91be 4871de2283596ce17271 e83d 44c4 ae56 c7e82c207e36Afd18f1c 2020 4007 bec7 6d9c5b85871f7d63454f a1c2 4f21 bce2 600a21436b00 5人

浅田次郎の本

41qxcfygvjl
07b27cb7 6c1f 4301 a6be e20e6e4d3122

たろう

やぁ。

オシャレ。カジノだけでも各国で違いがあるんだなと思った。浅田さんもカッコイイ

27日前

51w 4ndo fl
E1dbc716 7c4d 4ec5 a5bf c8fdd08efed6

TigerJoe

好きな作家は京極夏彦、宮部みゆき…

「王妃の離婚」だった第一巻からうって変わり、満州国建国前夜の歴史的スペクタクルに。春雷ら歴代の登場人物も次々に登場し、シリーズのファンとしては素直に楽しかった。龍玉はどうなるのか? 第三巻が楽しみでならない。

6か月前

61il2b9qupl
E1dbc716 7c4d 4ec5 a5bf c8fdd08efed6

TigerJoe

好きな作家は京極夏彦、宮部みゆき…

蒼穹の昴、中原の虹のようなスペクタクルを期待して読み始めたので、独白調の男女の機微(皇帝夫婦とはいえ)を描く内容はやや拍子抜け。しかし、読み進めると史実とフィクションがない交ぜになってページをめくる指が止まらなくなった。2巻は是非、張学良に阿片中毒から立ち直ってもらい、親父ばりの大活躍を読ませてもらいたい。

8か月前

517ncge%2bsvl
978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c2

山奥

花屋 植物担当

総勢47名の作家による猫話 猫との距離感、間合いがそれぞれでおもしろい 犬派ですが、猫もいいなあ… なんて笑

8か月前

E4f21041 cc6c 4268 b713 5baf3e868f4475657d05 f8af 4ca9 b80b d54f664b8b0147227c53 989e 4989 b044 f7d7c4e9f422