51yw56mxdql

楽譜に書かれた音、愛鳥の骨、火傷の傷跡…。人々が思い出の品々を持ち込む「標本室」で働いているわたしは、ある日標本技術士に素敵な靴をプレゼントされた。「毎日... 続き

コメント

その他のコメント

小川洋子さんのお話は、ことばがとても綺麗で好き。この標本室があったらいいのに、と何度も思った。

優しい綺麗な文章なんだけど少し怖い本
標本、靴、弟子丸
最後の靴磨きのおじいさんのやりとりが好きだった

読者

C9416021 ddcd 4549 a615 2e95cc0f62ac147b636e f7bc 4dcd b95b 758ad1e4092eB605ce13 5449 414b 9e26 419cc8fff1e7Icon user placeholderEb3f5462 78b1 41e4 ac7a 3580a0d6c053B424621d b1a3 42ee b89e 4d36e562c58411dd7d62 59be 4500 ad10 689b0e73e157F92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c797 71人

小川洋子の本

ミーナの行進

ミーナの行進

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

思い出は、人生の宝物になる。 ゆっくりとミーナとの生活が語られていきます。オトナの事情も、子供の目線で。日々の生活が優しく丹念に描かれています。

6か月前

ことり

ことり

7fd25228 bb55 49bc 97aa 02cfb55e19b8

tomomi

からだの本、科学の本、随筆、小説…

何気ない日常の描写の中に不思議なくらい引き込まれていく。

7か月前

B4c39e33 cdef 49e9 9630 2ec692a56a653db51df0 af67 4e44 8e91 44a0026119aaC7282453 1e6d 4251 89af 86d8ceb038c2 13