51yw56mxdql

楽譜に書かれた音、愛鳥の骨、火傷の傷跡…。人々が思い出の品々を持ち込む「標本室」で働いているわたしは、ある日標本技術士に素敵な靴をプレゼントされた。「毎日... 続き

コメント

『死』とか、『ある瞬間をもって、日常から消える』とか、そんなかんじ。
それが愛なのか、なんなのか。
当人にとってはそれは大した問題ではないのかもしれない。

その他のコメント

小川洋子さんのお話は、ことばがとても綺麗で好き。この標本室があったらいいのに、と何度も思った。

優しい綺麗な文章なんだけど少し怖い本
標本、靴、弟子丸
最後の靴磨きのおじいさんのやりとりが好きだった

読者

73b29d1b dab2 4ae0 a07e 170e1cc5755dIcon user placeholderDaa0a7b8 9d45 400b 953e c54a388ba65932b54f2d 1237 43d5 9278 071f587a8bd40906b403 a7cf 4775 bdd5 8082f181150a138bedbb 2945 460b 844c 37f25a676e30C86ffa11 bd1a 4657 baf6 1f2830f735c79c19fa1b 8fc8 4081 9b4c 1548b52facaa 79人

小川洋子の本

ミーナの行進

ミーナの行進

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

思い出は、人生の宝物になる。 ゆっくりとミーナとの生活が語られていきます。オトナの事情も、子供の目線で。日々の生活が優しく丹念に描かれています。

約1年前

ことり

ことり

7fd25228 bb55 49bc 97aa 02cfb55e19b8

tomomi

からだの本、科学の本、随筆、小説…

何気ない日常の描写の中に不思議なくらい引き込まれていく。

約1年前

A717c245 52ca 473f add7 f3698fc39601531459ff 570c 4dec b1f6 bc840f7e5c826851326a c00d 4609 9a4a 0134bb54f44b 19