Btn appstore Btn googleplay
51yw56mxdql

楽譜に書かれた音、愛鳥の骨、火傷の傷跡…。人々が思い出の品々を持ち込む「標本室」で働いているわたしは、ある日標本技術士に素敵な靴をプレゼントされた。「毎日... 続き

コメント

『死』とか、『ある瞬間をもって、日常から消える』とか、そんなかんじ。
それが愛なのか、なんなのか。
当人にとってはそれは大した問題ではないのかもしれない。

その他のコメント

小川洋子さんのお話は、ことばがとても綺麗で好き。この標本室があったらいいのに、と何度も思った。

優しい綺麗な文章なんだけど少し怖い本
標本、靴、弟子丸
最後の靴磨きのおじいさんのやりとりが好きだった

読者

4916be49 74bf 4e25 9f77 54bb653d97ddIdkvy4bd normalF11a515a 071a 41f8 be4c 45d52007eafaD798ca4f 847e 462d aa53 2cd6c84756e90ff7a984 5d2a 4b67 85f6 fb173d574bb8B424621d b1a3 42ee b89e 4d36e562c584A1ea368a 6f4a 4fdc 8709 3c704c0e674e75427b58 3ff0 4cf6 bf64 ff9bbfba28e9 85人

小川洋子の本

約束された移動

約束された移動

9b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d

もちもち

食べ過ぎ、飲み過ぎ、読み過ぎ注意…

世界の片隅で、そっと息をして、誰にも迷惑をかけず、自分だけのささやかな喜びのタネを胸に抱えてひっそり暮らすひと。 確かに存在するのに、自分から手を上げたり声をあげようとはしない、自分だけの王国を大切に守るひと。 そんなひとを描くのが小川洋子さんはうまい。

28日前

7d574782 709d 4e7e 877c 5b99bcb2cbd4A7b32b35 7dce 4914 8f24 baf42bf70d6eAa8cc867 abae 4564 b8f8 0e52121c82fe 10
ミーナの行進

ミーナの行進

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

思い出は、人生の宝物になる。 ゆっくりとミーナとの生活が語られていきます。オトナの事情も、子供の目線で。日々の生活が優しく丹念に描かれています。

1年前

ことり

ことり

7fd25228 bb55 49bc 97aa 02cfb55e19b8

tomomi

からだの本、科学の本、随筆、小説…

何気ない日常の描写の中に不思議なくらい引き込まれていく。

1年前

7d574782 709d 4e7e 877c 5b99bcb2cbd4F11a515a 071a 41f8 be4c 45d52007eafaIcon user placeholder 27