41cw4h8yh9l

発行元から

二人の少女を惨殺した殺人鬼の命に十億の値がついた。いつ、どこで、誰が襲ってくるか予測のつかない中、福岡から東京までの移送を命じられた五人の警察官。命を懸けて「人間の屑」の楯となることにどんな意味があるのか?警察官としての任務、人としての正義。その狭間で男たちは別々の道を歩き出す。

木内一裕の本

嘘ですけど、なにか?

嘘ですけど、なにか?

C1328c50 7403 4c06 af9f dccee519f9e4

歴生

人生意気に感ず だから気の向くま…

先が全然読めない。曲者ばっかで、「ふざけるな!」叫びたくなる面白さ。

約2年前

不愉快犯

不愉快犯

Df76215c 0d5c 423b be24 8c8270ec4435

りんご

東京都 伊坂幸太郎さん、誉田哲也…

絶対犯人と、切れ者刑事の闘い。一気読み。

2年前