41cw4h8yh9l

二人の少女を惨殺した殺人鬼の命に十億の値がついた。いつ、どこで、誰が襲ってくるか予測のつかない中、福岡から東京までの移送を命じられた五人の警察官。命を懸け... 続き

コメント

この本は映画を観ていて
読もうと思いました。

護る価値の全くない人間を
日本中の人間が命を狙う中
それでも自分の信念を貫いて
護り抜く主人公が格好いい。

自分が同じ立場なら絶対
護るなんて出来ないです…。

読者

3ef80c12 d699 4f71 936c 83e0da095c3aD4f645e4 009c 4f5c 8e85 b59f721be82a3c3545be ef22 45e6 8e4b 1f3c15b85839Bdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e3116111cd35 e9e4 4b08 b79e 2b10e62ee0c05b0ed130 b34d 4791 be03 e05a61fe358f9323c04a 10c3 4f2b bd4d 21fb117fdb40B37a9f23 0b5d 457a 8b08 c5f221174be0 9人

木内一裕の本

不愉快犯

不愉快犯

Df76215c 0d5c 423b be24 8c8270ec4435

りんご

東京都 伊坂幸太郎さん、誉田哲也…

絶対犯人と、切れ者刑事の闘い。一気読み。

1年前