9784121025524

長い戦乱で荒廃した地域社会を救い、「泰平の世」をもたらしたのは「藩」だった。藩の誕生期に着目し、その歴史的意義を説き明かす。 続き

コメント

信長、秀吉の時代に戦争で経済を回していたのが、関ヶ原の合戦で軍拡バブルが終焉に。
安土桃山時代の重商主義から、徳川の時代は農本主義に。

泰平の世に有り余ったマンパワーを、これまで開発してこなかった沖積平野の開発に振り向ける。かつては、峻険な難攻不落の地に築かれた城郭も平野部に移される。これが、近世城下町の始まりで、大部分の地方都市のルーツとなった。

外様大名の中でも屈指の親徳川で、卓越した外交力と築城技術で家康に高く評価されていた、藤堂高虎をモデルケースに、「藩」がいかにして成立したのかを概説していく一冊。

鎌倉期も、室町期も領土を巡る大名同士の合戦が絶えなかったが、江戸期はそれが全くなくなる。

それだけ徳川幕府の力か圧倒的であったこともあるが、大名の所領とは天下から与えられたものであり、大名はそれをたまたまた任されているに過ぎないとする、「預治思想」が諸大名に行き渡っていたからだと本書は説く。

一国一城制や、再三の国替えとそれに伴う土豪の帰農化。徳川政権の施策は、支配階級と地縁を切り離し、誰とでも代替交換可能な官僚集団へと整備してしていったのだとする指摘はなかなか面白かった。

読者

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

人文

静寂とは

静寂とは

2b1007a8 5549 4aea a9a1 fe745f0a855b

_lilysan__

時々、読書

〝静寂とはなにか〟この書物に回答はありません。なぜなら、自らを静かなる場所へ導き思索すること。静けさの中で各々が見つけ出すこと。それこそが著者が考える静寂であるからです。素敵な良書に出会いました。

1日前

日本の地方議会

日本の地方議会

C335b1d3 ec69 47b0 b017 eb7221575797

四茂山 治樹

あっ‥遭れ(オトナの事情で)‥リ…

今読んでますよ…。 (詳細は嫉暴露(ネタバレ)に伴う損害賠償の恐れが遭りますので、誠に勝手では遭りますが、控えさせて戴きます!けども…)やはりこの問題は(Caption(タイトル)は日本となっておりますけども、軍事、社会、共産という3つの独裁体勢を除いた)…議員報酬が無給(事実上のボランティア活動)のスイスを含めても、相当深刻な問題が遭りますね…。

2日前

自公政権とは何か

自公政権とは何か

1513b3bc 871c 4fb4 865a b78122a79339

Yasutoshi Imai

初心者

大学の恩師の著書。 選挙制度と政党の関係から連立の枠組みの論説に加え、90年代以降の日本の政治における連立の歴史をわかりやすく論じている。 とてもわかりやすく、リアリティのある内容でとても面白い。

2日前