41yfac5vfnl

『里山資本主義』に続く《目からウロコ》本! 農業、医療、商店街、限界集落、観光、鉄道、まちづくり……地元から奇跡が始まっている! 地域再生の現場を知り尽く... 続き

コメント

【始読メモ】2014/09/27(土)
日本中の田舎が、幸か不幸か踊らされていると言っても過言ではない、新書『里山資本主義』(NHK広島)の共同著者のおひとり。

今年の春に発刊された、田舎の経営学をテーマにした対話集。
気になってたけれど、意外と書店にないため、すっかり忘れてた σ(^_^;)。

つい、時差ボケな寝ぼけ眼の勢いで買い込んだ書籍の1冊なり (^_^;)。

… ☆ … ☆ … ☆ …

§『しなやかな日本列島のつくりかた - 藻谷浩介 対話集 -』藻谷浩介
(新潮社)1,200円

読者

A2c42132 e90d 4fe1 b5ef 607b02b13261D2f6bec2 fc92 434b 9499 e12a519e410a94610050 28a3 4194 bba5 b0de45b4447fD81f9fdd 70ba 48d4 8a9e 43a2b096324030157175 1e5b 4aae 8390 eaefeaad5c02 5人

藻谷浩介の本

和の国富論

和の国富論

8a3718e0 3761 4b9c b4ed 829fd37e9597

Mana

中小企業向け経営コンサルタント …

おととい著者の講演を聴いて、早速最新作を手に取りました。 林業、漁業、不動産、教育、介護、そして身体性。 身を置いて、ことを為している方々との対談に、胸を弾ませながら読みました。面白かった。

約2年前